フォレスター新型ハイブリッドの実燃費と燃費向上のコツは

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

フォレスター値引き金額限界から、更に50万円安くなる裏ワザとは?
下取りは必ず一括査定サイトを使う
今までなぜ、思いつかなかった、、、、

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

愛車の下取りが10万円ということはありませんでした。
簡単1分でOK!これは見逃せば大損でした!!(汗)

2018年6月にフォレスター新型がフルモデルチェンジで発売されました。

パワートレーンとなるエンジンはマイルド・ハイブリッドといわれるe-Boxerを搭載したグレードの「Advance」と2.5Lガソリンエンジンタイプの3種で合計4つのラインナップで登場します。

4WDのフォレスターにハイブリッドがゆいに登場です!はたしてフォレスター新型ハイブリッドの実燃費はどうなのか気になる方も多いと思います。

そしてフォレスター新型の燃費向上するには、どんなテクニックやコツがあるのでしょうか?

マイルド・ハイブリッドe-Boxerを搭載した「Advance」と2.5Lガソリンエンジンタイプそれぞれで考えてみたいと思います。

 

<スポンサーリンク>

フォレスター新型は2Lハイブリッドと2.5Lガソリンエンジンタイプ

クリスタルホワイト・パール_(32,400円高・消費税8%込)画像)https://www.subaru.jp/forester/forester/

トヨタ C-HR、マツダ CX-8、スズキ クロスビー、三菱 エクリプスクロスなど
SUV人気の中で、スバル フォレスターが2018年6月にフルモデルチェンジで発売されました。

フォレスターの初代モデルは1997年に発売され、2018年発売の新型フォレスターは5代目になります。

新型フォレスターのフルモデルチェンジは外観は外観の印象を変えないでパワートレーンの仕様を変えるなど
アウディやBMWに見られるアプローチです。

スバル_5代目_新型フォレスター(SK系)https://www.subaru.jp/comparison/

新型フォレスターは旧型と搭載されるエンジンが大きく変更され、
2.5リッターの自然吸気と2リッターのハイブリッドエンジンが採用されています。

2リッターハイブリッドはマイルド・ハイブリッドと呼ばれ「Advance」のみに搭載されます。

2.5Lガソリンエンジンタイプの実燃費も旧型に比べると大幅に向上しています。

新型フォレスターの発売日はガソリンモデルの発売日が2018年7月19日、ハイブリッドが2018年9月14日となっています。

新型フォレスターのガソリンとハイブリッドの実燃費について、燃費向上のコツやテクニックなど、この点についても、まとめてみたいと思います。

<スポンサーリンク>

フォレスター新型出力が大幅向上の2.5Lガソリンエンジンタイプ


新型フォレスター:2018年6月20日「NEW FORESTER発表会」LIVE

新型フォレスターに搭載されている2.5LのガソリンエンジンはレガシィB4やアウトバックに従来から採用されているもので最大出力:184ps(5800rpm)、最大トルク:24.4kg・f(4400rpm)を発生させます。

この2.5Lガソリンタイプのエンジンは新型の以下の3種類のグレードに搭載されています。

  • ベーシックグレードの「Touring(260万円)」
  • アウトドア指向の「X-BREAK(270万円)」
  • 上級グレードの「Premium(280万円)」

フォレスターの車重は約1.5tですので特にパワー不足というわけではありませんが、最大出力:184ps(5800rpm)、最大トルク:24.4kg・f(4400rpm)は取り立ててハイパワーというわけでもないスペックです。

旧型のターボモデルは280psとこのサイズのモデルとしてはかなりのハイパワーでしたのでこれに比べると物足りないと感じるかもしれません。

しかし、旧型の自然吸気モデルは2Lで148psでしたので、これと比べると新型の2.5Lは大幅にパワーアップしていることは間違いないと思います。

新型フォレスターの2.5Lエンジンは市街地で走るには全くパワー不足を感じることはありませんし、高速道路での追い越し加速でもスムーズに加速することができて快適な走りをみせてくれます。

特に、新型はシャーシーが一新されましたので遮音がしっかり行われていて、不快な音が車内に入ってくることがないのは走りを快適にしたい方向きです。

新型フォレスターの乗り心地や加速性能は、旧型に比べるとワンランク上の車に乗っているような感覚でドライブできてその魅力に圧倒されることでしょう。

<スポンサーリンク>

フォレスター新型「Advance」に搭載「e-BOXER」はマイルド・ハイブリッド

https://www.subaru.jp/comparison/

新型フォレスターが2018の「ニューヨークモーターショー」で初公開したエンジンは、水平対向4気筒の2.5リッターのみの
北米仕様でした。

しかし、2018年に発表された日本仕様の新型フォレスターのは先に発表された水平対向4気筒2リッターNAにプラスしてマイルドハイブリッドも加わります。

Advanceのみに搭載されているスバルのハイブリッドシステムは「e-BOXER」と呼ばれており、2Lエンジンにトランスミッション付近にモーターを、トランク下部にバッテリーを取り付けています。

最大出力はエンジンで145ps(6000rpm)、最大トルクは19.2kg・f(4000rpm)を発生、モーターは最大出力:13.6ps、最大トルク6.6kg・fを発生されます。

  • マイルドハイブリッドの「Advance(287万円)」

Advance eboxer)https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html

パワーを見てみるとガソリンモデルの方がハイパワーですが、ハイブリッドは発進時にモーターで加勢しますので、フォレスターの場合、感覚的にはガソリンもハイブリッドもあまりパワーの違いを感じないが特徴です。

そして、燃費はもちろんガソリンよりハイブリッドの方が優れています。

一般的にハイブリッドの価格は20〜30万円高いものですが、マイルドハイブリッドe-BOXER搭載の「Advance」の価格はハイブリッドでありながら7万円アップに収まっています。

新型フォレスターを購入するなら断然機能と価格の関係ではe-BOXER「Advance」のハイブリッドはお得といえると思います。

発売前の受注状況を見ても、全4グレードの中でアドバンス「Advance」が全体の40%以上を占める勢いです。

そして、SUVの特徴とされる走破力については
ガソリンもハイブリッドも駆動方式は従来と同じスバル独自のAWD(4WD)を採用し
悪路の走破力を高めるX-MODE(Xモード)を進化させているところが注目されます。

フォレスター新型のガソリンエンジンの実燃費と燃費確認は?

スバル_5代目_新型フォレスターAdvancehttps://www.subaru.jp/comparison/

2.5リッターガゾリンエンジンはJC08モードで14.6km/Lと公表されていますが、市街地では約10km/L、郊外道路やワインディングロードでは約15km/L、高速道路では約17km/L走行することができます。

またハイブリッドモデルはJC08モードで18.6km/Lと公表されていますが、市街地では約12km/L、郊外道路やワインディングロードでは約14km/L、高速道路では約16km/L走行できます。

公表値と実燃費がほぼ同じ新型フォレスター2.5リッターガゾリンエンジン

5代目 新型フォレスター画像)https___www.subaru.jp_forester_forester_caravan

最近、国土交通省は従来から採用しているJC08モードに加えて、走行モードごとの燃費を公表するWLTCモードが採用されていますが、フォレスターの実燃費は公表値とほぼ同じです。

新型フォレスターの燃費はJC08モードの14.4km/L、WLTCモードの13.2km/Lとなっています。

実際の走行における実燃費は
市街地  11.5km/L
郊外路  15.0km/L
高速道路 18.1km/L

平均で 14.7km/LとJC08モードの14.4km/Lを超える値です。

これは、2.5リッターガゾリンエンジンでの燃費ですので
ハイブリッドのアドバンスでは市街地の燃費が良くなるので全体的に燃費が向上すると思われます。

ガソリンエンジンが2.5L ハイブリッドが2.0Lとハイブリッドが排気量は減るものの
価格差が殆ど無いので、やはり新型フォレスターを買うならばハイブリッド狙ういでゆくのがいいでしょう。

フォレスター新型の燃費確認方法は?

また燃費確認は、ダッシュボード上部に設置されているマルチインフォメーションディスプレイ上に表示され一目で確認することができます。

ここには残りの燃料で後何キロ走行できるのかも表示されます。

またスピードメーターの中にあるモニターでも確認することができます。

フォレスター新型ハイブリッドの実燃費は?

画像)https://www.subaru.jp/comparison/

フォレスター新型のマイルド・ハイブリッドは「Advance」というグレードに搭載されているパワートレーンです。

「マイルド・ハイブリッド Advance」のWLTCモード総合燃費は14km/Lとやはり、2.5Lガソリンエンジンタイプの13.2km/Lより
燃費は良いのですが、高速道路モードは逆に2.5Lガソリンエンジンタイプが16.4km/L、「マイルド・ハイブリッド Advance」が16km/Lと若干
ハイブリッドが劣る結果となっています。

ハイブリッドは、停止と発進の多い市街地で燃費のメリットを最大に発揮するので高速道路で燃費数値が若干逆転するもののトータルでは「マイルド・ハイブリッド Advance」に軍配があがるようです。

高速道路や山道でスポーティな走りを楽しみたいなら2.5リッターガソリンという選択もありです。

ちなみに新型フォレスターの予約では4種類のタイプのうち全体の約4割がAdvance(ハイブリッド)だそうでハイブリッドの人気が目立っています。

フォレスター新型ハイブリッドとガソリン仕様の燃費向上コツとテクニック

画像)https://www.subaru.jp/comparison/

一昔前、水平対向エンジンは燃費が悪いといわれていましたが、新型フォレスターはそんなことはなくかなり燃費がよくなっています。

燃費向上テクニックはいろいろありますがガソリンエンジンの場合、可能な限りエンジンの回転数を一定に保つというのが最も有効です。

高速道路を走行する気には速度を一定に保つようにすると、驚くほど燃費が良くなっていくのがわかります。

一方、ハイブリッドの場合は少し異なります。

ハイブリッドは回生ブレーキでバッテリーを充電して、その電力でモーターを動かしています。

フォレスターの場合ストップアンドゴーの多い市街地走行で燃費が良くなる傾向がありますので、市街地走行を走行するときは前方が信号などで詰まってきたら積極的にアクセルペダルを離すようにすると低燃費につながります。

Rev2018/10/07

新型フォレスター値引き金額限界から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型フォレスターがほしい!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしいけど新車は本体けっこう高いっ…」
  • 「頭金も無いし…」
  • 「ボーナス払いも…なし…」
  • 「値引き交渉ってムリ…」
  • 「そもそも対人恐怖症」
  • 「ディーラーを幾つも回るのも…いや」
  • 「ディーラーってしつこいし…」
  • 「最安値じゃないと納得できない」

などなど、悩みは尽きませんでした…

だぁーれも教えてくれません、、、

家族に相談しても、
「今ので十分でしょ」
と相手にしてもらえませんし、、、、

下取りより買取!

この発想が無かった私、、、

他社からの乗り換えだから
と特別価格で下取りの
10万円でした。

値引き額の方は、この時点で
10万円値引いてもらっていました…

値引きの金額としてはいい方!
「しかし、も少し安くなれば月々の支払いは楽なのですが」
とは言えなかったのです。

さて、どうしようかと思った時に

でも!
ダメもとでやった方法救われたんです!

なんと!

次にディーラーに行くまでに
ある方法で…

40万円!

も安くなったのです!
40万円ですよ!!

しかもかかった時間は1分以内

フォレスターを買いたい!あなたにピッタリの裏ワザを教えちゃいます!!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
今までなぜ、思いつかなかった、、、、

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

愛車の下取りが10万円ということはありませんでした。

これは見逃せば大損でした!!(汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です