新型フォレスター・アドバンスの納期の最新情報は遅れが気になる!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

フォレスター値引き金額限界から、更に50万円安くなる裏ワザとは?
下取りは必ず一括査定サイトを使う
今までなぜ、思いつかなかった、、、、

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

愛車の下取りが10万円ということはありませんでした。
簡単1分でOK!これは見逃せば大損でした!!(汗)

新型フォレスターのアドバンスは、歴代フォレスターの中で初めてのハイブリッドグレードです。

このアドバンスガソリングレードに比べて人気で、納期が遅れているようです。そこで新型フォレスター・アドバンスの納期はどのくらいなのか、すぐに納車できる新古車などについても検証してみたいと思います。

<スポンサーリンク>

新型フォレスターを購入すると、納期はいつになるのか?

新型フォレスターのガソリングレードは今年の7月に、そして、ハイブリッドのアドバンアスは10月にデビューしました。

6年ぶりのフルモデルチェンジということで両方人気ですが、とりわけハイブリッドのアドバンスは人気で納車の納期が長くなっているようです。

新型フォレスターガソリンモデル7月19日発売日の納期は?

新型フォレスター納期はガソリンモデルとハイブリッドモデルでは異なります。

ガソリンはハイブリッドに比べて短めで、1ヶ月半~2ヶ月のようです。

12月上旬に契約すると来年の1月下旬~2月上旬くらいに納車される計算です。

納期はボディカラーやグレードによって差があるのが一般的です。

フォレスターのガソリンモデルは3グレード設定されており、ボディカラーも9色から選べますので、どれを選択するかによって納期に幅が出てきます。

一般的に納期が短くなるのは人気のあるボディカラーです。

日本ではどんな車でもホワイト系やブラック系が人気ですので、フォレスターも「クリスタルホワイト・パール」や「クリスタルブラック・シリカ」などを選ぶと納期は短くなる傾向があります。

しかし、他の車と比べても1ヶ月半~2ヶ月というのは平均的か若干短い部類に入ります。

10月末発売のフォレスター「Advance」ハイブリッドの納期は?

次にフォレスターのアドバンスの納期ですが、こちらはガソリンモデルよりも長くなり3ヶ月半~4ヶ月です。

日本ではやはりガソリンより燃費の面でもハイブリッドの方が人気ですので、フォレスターもアドハンスは人気で納車までの納期が長くなっていると考えられます。

12月上旬に契約すると、納車されるのは2月下旬~3月中旬くらいだと考えて問題ないと思います。

納期が3か月を超えるケースはあまりないので、フォレスタードバンスはかなりの人気車種といえそうです。

「Advance」e-BOXERが予約の40%を超える理由

フォレスターの売れ筋は圧倒的にアドバンスで、約40%がアドバンスで占められていると言われています。納車まで約4ヶ月もかかるのも納得ですが、これほどアドバンスが人気なのはいろいろな理由があります。

e-BOXERはトヨタのハイブリッドとは異なり、マイルドハイブリッドを採用しています。トヨタのハイブリッドは明らかにモーターで加勢しているという感覚があり、普通のガソリン車とはドライブフィールが異なります。

この点、e-BOXERは普通のガソリン車とほぼ同じフィーリングなのが特徴です。

スバルのオーナーは車にこだわりが強い人が多いので、ハイブリッドを敬遠する人が多いと言われていますが、e-BOXERは違和感がなく乗れますので、スバルが好きな人にも受け入れやすいというメリットがあります。

またマイルドハイブリッドは構造がシンプルなため、ガソリンモデルに比べて価格があまり高くないという特徴があります。

ガソリンの最上級グレードのプレミアムは280万円に対して、アドバンスは287万円と最小限の価格上昇に抑えられています。

納期遅れが気になる「Advance」

フォレスターのアドバンスの納期の遅れは、このような理由からある程度は仕方がないと考えた方が良いと思います。購入を考えている人は早めに契約することをオススメします。

<スポンサーリンク>

e-BOXER搭載フォレスター「Advance」の実燃費

フォレスタードバンスの実燃費はどのくらいなのか、多くの人が気になると思います。WLTCモードで14.0km/L(市街地モード11.2km/L、郊外モード14.2km/L、高速道路モード16.0km/L)となっています。

以前はJC08モードが採用されていましたが、最近はより実際の走行モードに近いWLTCモードが採用されています。このためフォレスタードバンスの実燃費はWLTCモードとほぼ同じと考えて良いと思います。

ちなみに2.5LガソリンエンジンはWLTCモードで13.2km/L(市街地モード9.6km/L、郊外モード14.6km/L、高速道路モード16.4km/L)となっています。ストップアンドゴーが多い市街地では、エンジンが停止する時間が長いアドバンスが低燃費ですが、郊外や高速道路ではほぼ同じか、若干ガソリンエンジンの方が低燃費になります。

ドライバーモニタリングシステムはアドバンスのみ

アドバンスにはドライバーモニタリングシステムが装備されています。これはカメラがドライバーの顔を認識するシステムです。走行中居眠りをしたり、横を向いていたりするとアラームが鳴り危険を知らせてくれます。

またアドバンスにのみ装備されているドライバーモニタリングシステムは、ドライバーが乗り込むと顔を認識して、あらかじめ登録しておいたシートポジションに自動的にセットしてくれるというシステムも装備されています。顔は5人まで登録できます。

「アドバンス」の人気色は?

フォレスタードバンスには9色のボディカラーが用意されており、そのうち「クリスタルホワイト・パール」と「クリムゾンレッド・パール」は32400円の有償色となっています。日本では一般的にホワイト系とブラック系が人気でフォレスターにもこれが当てはまります。

フォレスタードバンスの色で一番人気は「クリスタルホワイト・パール」、2番目の人気は「クリスタルブラック・シリカ」です。下取りを意識してボディカラーを選ぶならこの2色が無難と言えそうです。

また「アイスシルバー・メタリック」や「ホライゾンブルー・パール」などのシルバー系も一定の人気があります。これらのカラーは若干下取り査定では不利ですが、都会的で知的なイメージを醸し出しています。

<スポンサーリンク>

新型フォレスター「アドバンス」納期を早める方法とは?

新型フォレスタードバンスの納期は3ヶ月半~4ヶ月といわれていますが、少しでも納期を早めるには、不人気カラーを選ばずに人気色を選ぶというのが有効な方法です。人気色を優先的に製造する傾向がありますので、不人気色はどうしても納期が長くなってしまう傾向があります。

「アドバンス」の新古車を狙う

一般的にほしい車の納期を早めるには、新古車を購入するという方法があります。新古車とはディーラー名義で登録されているけれど、新車の状態の車を指しています。しかし、中古車サイトを見てみても、新型フォレスタードバンスの新古車は全国で数台しかありません。

フォレスター自体デビューして間もないモデルで人気がある上、アドバンスはさらに人気がありほとんど新古車は出回っていない状況です。しかも、販売価格は定価とほぼ同じか、若干プレミアムがついており、定価より高くなっているケースもあります。

新古車というのは新車よりも価格が安くなっているのが一般的で、高くなるケースというのは一部のスポーツカーなどのみです。よって、納期を早くするためにフォレスタードバンスの新古車を購入するのは現実的ではないと思います。

スバル 新型フォレスターアドバンスの値引き相場

フォレスタードバンスの気になる値引きですが、これはあまり望めないと考えた方が良さそうです。人気がありますのでディーラーもかなり強気で、最初は10万円弱の値引きを提示するというのが一般的です。

新型フォレスターを安く買うには?

このため、フォレスタードバンス車両本体から15万円の値引きを引き出せれば大成功と言えます。しかし、ナビなどの付属品からは20~30%の値引きをしてくれるケースが多いので、頑張って交渉してみてください。

そのほかには、フォレスタードバンスのライバル車である、「トヨタ・ハリアー」や「マツダ・CX-5」、「ニッサン・エクストレイル」の交渉を匂わせるというのも有効です。

年末ですのでセールスマンは1台でも多く販売したいと考えています。しかし、やり過ぎるとセールスマンから嫌がられますので、ほどほどにするのがベターです。

まとめ 新型フォレスター・アドバンスの納期は遅れ気味?

新型フォレスタードバンスの納期は遅れ気味で、約4ヶ月も待つ必要があります。

これは平均よりも長いことは間違いないと思います。

ガソリンモデルはもう少し納期が短いのでこちらを購入する人もいるかもしれませんが、フォレスタードバンスの評判は良いので納期が少し長くても待って損はないと思います。

新型フォレスター値引き金額限界から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型フォレスターがほしい!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしいけど新車は本体けっこう高いっ…」
  • 「頭金も無いし…」
  • 「ボーナス払いも…なし…」
  • 「値引き交渉ってムリ…」
  • 「そもそも対人恐怖症」
  • 「ディーラーを幾つも回るのも…いや」
  • 「ディーラーってしつこいし…」
  • 「最安値じゃないと納得できない」

などなど、悩みは尽きませんでした…

だぁーれも教えてくれません、、、

家族に相談しても、
「今ので十分でしょ」
と相手にしてもらえませんし、、、、

下取りより買取!

この発想が無かった私、、、

他社からの乗り換えだから
と特別価格で下取りの
10万円でした。

値引き額の方は、この時点で
10万円値引いてもらっていました…

値引きの金額としてはいい方!
「しかし、も少し安くなれば月々の支払いは楽なのですが」
とは言えなかったのです。

さて、どうしようかと思った時に

でも!
ダメもとでやった方法救われたんです!

なんと!

次にディーラーに行くまでに
ある方法で…

40万円!

も安くなったのです!
40万円ですよ!!

しかもかかった時間は1分以内

フォレスターを買いたい!あなたにピッタリの裏ワザを教えちゃいます!!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
今までなぜ、思いつかなかった、、、、

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

愛車の下取りが10万円ということはありませんでした。

これは見逃せば大損でした!!(汗)