フォレスター「X-BREAK」新型を安く買うには?値引き相場と交渉術

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

フォレスター値引き金額限界から、更に50万円安くなる裏ワザとは?
下取りは必ず一括査定サイトを使う
今までなぜ、思いつかなかった、、、、

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

愛車の下取りが10万円ということはありませんでした。
簡単1分でOK!これは見逃せば大損でした!!(汗)

新型フォレスターのX-BREAKの購入を考えている人は、少しでも値引きしてもらい安く購入したいと考えていると思います。そこで、ライバル車や目標の値引き額や値引き相場について検討してみたいと思います。

<スポンサーリンク>

フォレスター新型X-BREAKとAdvanceの価格と燃費どっちがおすすめ!

フォレスター新型X-BREAKは2.5Lガソリンエンジンを搭載しているのに対して、Advanceは2.0Lのハイブリッドを搭載しています。X-BREAKが270万円、Advanceが287万円となっています。

それぞれの燃費ですが、X-BREAKはWLTCモードで13.2km/L(市街地モード:9.6km/L、郊外モード:14.6km/L、高速道路モード:16.4km/L)となっています。一方、Advanceは同じくWLTCモードで14.0km/L(市街地モード:11.2km/L、郊外モード:14.2km/L、高速道路モード:16.0km/L)となっています。

これを見てみると、市街地モードとトータルではハイブリッドの方が低燃費ですが、郊外モードと高速道路モードでは2.5LのX-BREAKの方が低燃費になっています。これはハイブリッドカーの特徴といえます。

ハイブリッドカーはアクセルペダルを離している状態と発進の時はエンジンが停止しており、発進してしばらくするとエンジンが動き始めます。このためストップアンドゴーが多い市街地ではハイブリッドの方が低燃費になります。

一方、ストップアンドゴーが少ない郊外道路や高速道路では、ガソリンの方が低燃費になります。フォレスターの場合、2.5Lエンジンの方がパワーに余裕があり回転数も少ないので、X-BREAKの方が低燃費になります。

また市街地の走行では、ガソリンエンジンもハイブリッドもパワー感はあまり変わりません。しかし、高速道路の追い越し加速などでは明らかにハイブリッドはガソリンエンジンに比べてパワー不足だと感じます。

フォレスターのハイブリッドはトヨタなどとは異なり、マイルドハイブリッドと呼ばれているので、モーターが常に加勢するというわけではありません。2.5Lエンジンの方が元々パワフルです。

休日に遠出する機会が多い人はガソリンエンジンのX-BREAKがおすすめです。ガソリンエンジンは市街地ではハイブリッドに比べると燃費が悪くなりますが、高速道路や公害道路では燃費が良くなります。

一方、市街地走行が多い人はハイブリッドの方がおすすめです。ハイブリッドの方がガソリンよりも明らかに低燃費ですし、市街地を走行している限りパワー不足も感じません。また価格も17万円高ですので十分元が取れると思います。

<スポンサーリンク>

フォレスター「X-BREAK」新型の値引き相場は?

フォレスターの値引き相場は5~8万円というのが一般的で、10万円を超えることは難しいようです。モデルチェンジして間もないということ、大変人気でディーラーも強気で販売しているようです。

また、フォレスターはライバル車に比べて価格の割には装備が充実しているということも影響しています。最も割安のTouringでもステアリングヒーターや全席にシートヒーターが装備されています。このためTouringでも必要な装備はすべてそろっていますので、これを選んでも特に不足はありません。

しかし、ディーラーオプションからはそれなりの値引きをしてくれるケースが目立つようです。ディーラーオプションから30%くらいの値引きをしてくれることもありますので、ここから値引きを引き出すのが現実的です。

フォレスター「X-BREAK」新型の目標値引き額を設定しよう

フォレスターのX-BREAKの購入を考えている人は、まず目標値引き額を設定してから交渉しましょう。とりあえず、車本体から15万円、ディーラーオプションから30%の値引きを目標として設定してみましょう。

スバルのディーラーはトヨタのようにたくさんあるわけではありませんが、自宅近くに複数のディーラーがある場合は、その経営母体を調べてみましょう。経営母体が同じ複数のディーラーで交渉するのは御法度ですが、異なる場合は問題ないので相見積もりをとってみましょう。

しかし、フォレスターは人気車種なので、経営母体が異なっても車本体の値引き額はあまり変わらないと思います。一方、ディーラーオプションはディーラーによって値引き額が意外と異なります。

<スポンサーリンク>

フォレスター新型「X-BREAK」を安く買うには?

フォレスターの新型X-BREAKを安く購入するにはいろいろな方法があります。その中でも12月になるとボーナス商戦が始まりますので、この時期になるとディーラーもいろいろなキャンペーンを行います。

この時期になるとディーラーは「ナビキャンペーン」や「スタッドレスキャンペーン」など様々な割引を行います。こうした割引を利用するのは最初からディーラーオプションの値引きが行われているのと同じですので、大変お得だといえます。

また新古車を購入するという方法もあります。新古車とは登録されているけれど、走行していない車のことで、軽自動車によく見られます。新古車は新車に比べると若干割安で、すぐに納車できるというメリットがあります。

フォレスターは納車まで3ヶ月くらいかかるといわれていますので、すぐに乗り換えたいという人にはおすすめです。しかしフォレスターの新古車はあまり販売されていませんし、ボディカラーも好きな色を選ぶことができませんので、あまり現実的とはいえないと思います。

競合車【マツダ・CX-5】リストアップして値引き交渉

フォレスターが最も意識しているのはマツダ・CX-5で間違いないと思います。CX-5はフォレスター同様走りに大変こだわっており、人気があります。現行モデルは2代目ですが、ディーゼルエンジンが人気で初代から一気にブランド力を確立しました。

そんなCX-5ですが、従来はディーゼルターボエンジンが圧倒的に人気でしたが、最近2.5Lのガソリンターボエンジンを投入しました。マツダのガソリンエンジンはパワー不足だといわれていたので、ターボエンジンが投入されて最近話題になっています。

CX-5の値引きですが、新しく投入されたガソリンターボエンジンの値引きは望めませんが、ディーゼルエンジンは15~20万円くらい値引きしてくれるようです。しかし、CX-5はフォレスターに比べると価格が高めに設定されていますので注意が必要です。

競合車【トヨタ・ハリアー】リストアップして値引き交渉

フォレスターのもう一つのライバルがトヨタ・ハリアーです。ハリアーはCX-5同様、都会的なイメージのクロスオーバー型SUVとしてブランド力を確立しています。ハリアーは以前、大変高級感のある車でしたが、レクサスにも同じようなSUVが登場して、少し大衆的なイメージに変化しました。

ハリアーには2.0LのNAとターボ、そしてハイブリッドがラインナップしていますが、ハイブリッドはフォレスターに比べると割高感があります。特にターボやハイブリッドは安くても350万円を超えてしまいます。

しかし、ハリアーは最近売れ行きが落ち込んでおりそれなりに値引きをしてくれるようです。最初から20万円以上の値引きを提示してくるケースもあるといわれていますので、オプションを含めて30万円くらいの値引きは狙えそうです。

競合車【ニッサン・エクストレイル】リストアップして値引き交渉

フォレスターと最もコンセプトが似ているのがニッサンのエクストレイルです。CX-5とハリアーには都会的で高級感のあるイメージがありますが、エクストレイルはフォレスター同様アウトドア指向のイメージなのが特徴です。
エクストレイルには2.0Lのガソリンエンジンとハイブリッドがラインナップしており、価格帯も一般的なグレードが250~330万円くらいですのでフォレスターと似通っているといえます。

エクストレイルは登場してかなり時間がたっていますので、30万円以上の値引きをして維持してくるケースもたくさんあるようです。またディーラーオプションを含めると50万円近い値引きで購入しているケースもあるといわれています。

フォレスターX-BREAKの購入を考えている人はCX-5、ハリアー、エクストレイルあたりを交渉して見積もりを作成してもらってみてください。その上でスバルのディーラーで交渉すると有利に交渉を進められると思います。

特にフォレスターとコンセプトが似ているエクストレイルはスバルも意識していますので、こちらの購入を匂わせながら交渉するのが良いと思います。しかし、やり過ぎるとセールスマンに嫌がられますので、ほどほどにするのがベターです。

新型フォレスター値引き金額限界から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型フォレスターがほしい!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしいけど新車は本体けっこう高いっ…」
  • 「頭金も無いし…」
  • 「ボーナス払いも…なし…」
  • 「値引き交渉ってムリ…」
  • 「そもそも対人恐怖症」
  • 「ディーラーを幾つも回るのも…いや」
  • 「ディーラーってしつこいし…」
  • 「最安値じゃないと納得できない」

などなど、悩みは尽きませんでした…

だぁーれも教えてくれません、、、

家族に相談しても、
「今ので十分でしょ」
と相手にしてもらえませんし、、、、

下取りより買取!

この発想が無かった私、、、

他社からの乗り換えだから
と特別価格で下取りの
10万円でした。

値引き額の方は、この時点で
10万円値引いてもらっていました…

値引きの金額としてはいい方!
「しかし、も少し安くなれば月々の支払いは楽なのですが」
とは言えなかったのです。

さて、どうしようかと思った時に

でも!
ダメもとでやった方法救われたんです!

なんと!

次にディーラーに行くまでに
ある方法で…

40万円!

も安くなったのです!
40万円ですよ!!

しかもかかった時間は1分以内

フォレスターを買いたい!あなたにピッタリの裏ワザを教えちゃいます!!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
今までなぜ、思いつかなかった、、、、

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

愛車の下取りが10万円ということはありませんでした。

これは見逃せば大損でした!!(汗)