スバル・フォレスター新型の試乗ポイントは「e-BOXER」の加速と2.5Lエンジンのパワー

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

フォレスター値引き金額限界から、更に50万円安くなる裏ワザとは?
下取りは必ず一括査定サイトを使う
今までなぜ、思いつかなかった、、、、

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

愛車の下取りが10万円ということはありませんでした。
簡単1分でOK!これは見逃せば大損でした!!(汗)

スバルフォレスター新型の試乗ポイントについて。

新型フォレスターが登場して、カー雑誌やカー情報サイトにも試乗レポートがたくさん掲載されるようになってきました。

そこでその試乗評価や、新型フォレスターの購入を考えている人が実際に試乗するときに注意するポイントなどについて検討してみたいと思います。

新型の最大の特徴は2.5Lの自然吸気エンジンモデル、そして2.0L自然吸気にモーターを組み合わせた「e-BOXER」と呼ぶハイブリッドの、ふたつのパワートレインモデルが設定されたことです。

なので、試乗でのポイントは

  1. 2.0L自然吸気+ハイブリッドグレード「e-BOXER」の加速性
  2. ガソリンエンジン2.5Lのパワー

これをカタログ値ではなく一般道で感じてもらうのが良いと思います。

また、新型フォレスターの競合クルマであるマツダCX-5なども試乗してみてエンジンや加速、運転のしやすさなども確認してみると良いと思います。

<スポンサーリンク>

新型フォレスターの試乗レポートの情報をまとめると

アイサイト)https://www.subaru.jp/forester/forester/safety/eyesight.html

新型フォレスターの大きなトピックは、ハイブリッドグレードが追加されたこと、自然吸気エンジンは2Lから2.5Lに拡大されたこと、
そして、ターボエンジンとMT車が廃止されたことですが、雑誌やインターネットのサイトなどでもこの点に大きく注目している印象があります。

一部ではターボが廃止され、MT車も廃止されてファン離れがすすむのではないかと懸念されましたが、新型フォレスターの受注台数を見るかぎりではターボとMT車廃止の影響は見られないようです。

これらを見てみると、新型フォレスターのハイブリッドグレードの追加と自然吸気エンジンは2Lから2.5Lへの拡大については、全般的に好感を持って評価されているようです。

特にハイブリッドは発進時や加速時にモーターが加勢してくれますが、これが滑らかなため上質感がある乗り心地であることやガソリンモデルよりも静かであると評価されているようです。

ターボエンジンとMT車廃止の影響は意外と少ない

4代目フォレスターターボエンジンhttps://www.goo-net.com/magazine/104255.html

またターボエンジンが廃止された点についてはさみしいという意見もありますが、低燃費指向という時代の流れもあり仕方ないという意見がほとんどです。

先代の4代目フォレスターのターボは全体の約1割程度でした。

またMT車の廃止理由はアイサイトが付けられないというのがその理由です。

自動車評論家の多くは、トヨタなどに比べるとスバルに対してはなぜか明らかに好意的に論評することが多いことは覚えておいた方が良いと思います。

<スポンサーリンク>

新型フォレスターの試乗評価はワンランク上の乗り心地の印象

5代目 新型フォレスター画像)https___www.subaru.jp_forester_forester_caravan

新型フォレスターはパワーユニットが大きく変更されたことが主なトピックですが、それ以外にプラットフォームが一新されたという点も大きな変更点です。

新型インプレッサから搭載されているスバル・グローバルプラットフォームにより、乗り心地が大幅に改善しています。

ボディ剛性が大幅に上昇したため、乗り心地が良くなり4代目に比べるとワンランク上の車になりました。

この違いは車に詳しくない人でも体感できます。

新型フォレスターはハンドリング性能の向上も嬉しい

またハンドリングが良くなったので、素直なステアリング操作が可能になり旧型よりも運転するのが楽しいと感じることができます。

ハンドリング性能の向上は緊急時に急ハンドルを切ったときなどに限界性能が向上したということもできますので、安全性の向上にもつながっています。

パワーは2.5Lモデル 加速性はバツグンの新型フォレスター

画像)https://www.subaru.jp/brand/technology/technology/driving_boxer.html

一方、変更されたエンジンですが、ガソリンエンジンは排気量が大きくなりましたので、旧型に比べてよりゆとりのある走りを体感できます。

実際に試乗すると絶対的な動力性能に関しては、2.5Lモデルのほうが力強さを感じると思います。

パワーに感じてはハイブリッドのモーターアシストによる2.0Lエンジンタイプでは500ccの排気量の差を埋める事は難しいようです。

旧型の自然吸気タイプも日常的なドライブではパワー不足を感じることはありませんでしたので、新型のガソリンタイプは必要十分なパワーがあるといえます。

特にハイブリッドの走行感覚が好みでない人にとって新型フォレスターのハイブリッド「e-BOXER」の走りのフィーリングは純エンジン車に近く高い評価を受けています。

スバルでは「e-BOXER」のことを“モーターアシスト”と表現して“ハイブリッド”と呼ばないのもその現れだと思われます。

なので、ハイブリッドタイプは2Lエンジンと一見スペック上はパワー不足に感じますが、発進時や加速時に「e-BOXER」のモーターが加勢してくれますの全くそうしたことはなく意外と2.5Lガソリンと同じような感覚でドライブが楽しめます。

<スポンサーリンク>

新型フォレスター自分で試乗する時のポイントはココを見る!

クリムゾンレッド・パール
画像)https://www.subaru.jp/comparison/

さて、新型フォレスター買うなら2.5Lガソリンタイプにすべきか、2.0L+「e-BOXER」のハイブリッドにすべきか悩むところですね。

なので新型フォレスターを試乗するときは、ガソリンタイプとハイブリッドタイプの両方を試乗することをおすすめします。

特に発進時や加速時のパワー感や車内の音に注目してみてください。

前述したように試乗の最大のポイントは以下の2つはしっかり試乗して体で感じてから選びましょう。

ハイブリッドタイプの2.0L自然吸気+ハイブリッドグレード「e-BOXER」の加速性

ガソリンタイプのガソリンエンジン2.5Lのパワー

試乗ではガソリンとハイブリッドの燃費も比較してみよう

新型フォレスタークリスタルホワイト・パール
画像)https://www.subaru.jp/comparison/

また車には燃費計が装着されていますので、これで燃費も比べてみてください。

市街地の走行では明らかにハイブリッドの方が低燃費ですが、郊外道路や高速道路ではほとんど変わりません。

これがポイントで、絶対的なパワーは2.5Lの方が有利ですので、郊外道路や高速道路の走行が多い人はこちらの方が有利です。

一方、市街地の走行が多い人は、パワーは若干劣りますが、低燃費のハイブリッドの方がおすすめです。

新型フォレスターの予約状況でのデーターは全体のグレードの約4割がハイブリッドモデルだそうです。

これは、スバル・フォレスター愛好家の中でも環境意識の高まりだといえるようです。

競合車「マツダ・CX-5」などと乗り比べもしてみよう

マツダ_CX-5
画像)http://carins-navi.com/mazda-cx-5/

そして、フォレスターの購入を検討している人は「マツダ・CX-5」などの競合車も比較検討していると思います。

このような場合は両方乗り比べてみるのも重要です。

スバルはエンジンが縦置き、マツダは横置きですので、フォレスターの方がハンドリングは良く運転しやすいと思います。

また振動や乗り心地もフォレスターの方が優れている印象がありますので、これらの点については実際に試乗してみて自分で確かめてみることが重要だと思います。

は「マツダ・CX-5」と比べてボディサイズはフォレスターの方が若干長いですが、トランクサイズは両車ほぼ同じです。

これから、長い付き合いになる愛車です、クルマの操作性も乗ってその違いを感じてみましょう。

新型フォレスター値引き金額限界から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型フォレスターがほしい!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしいけど新車は本体けっこう高いっ…」
  • 「頭金も無いし…」
  • 「ボーナス払いも…なし…」
  • 「値引き交渉ってムリ…」
  • 「そもそも対人恐怖症」
  • 「ディーラーを幾つも回るのも…いや」
  • 「ディーラーってしつこいし…」
  • 「最安値じゃないと納得できない」

などなど、悩みは尽きませんでした…

だぁーれも教えてくれません、、、

家族に相談しても、
「今ので十分でしょ」
と相手にしてもらえませんし、、、、

下取りより買取!

この発想が無かった私、、、

他社からの乗り換えだから
と特別価格で下取りの
10万円でした。

値引き額の方は、この時点で
10万円値引いてもらっていました…

値引きの金額としてはいい方!
「しかし、も少し安くなれば月々の支払いは楽なのですが」
とは言えなかったのです。

さて、どうしようかと思った時に

でも!
ダメもとでやった方法救われたんです!

なんと!

次にディーラーに行くまでに
ある方法で…

40万円!

も安くなったのです!
40万円ですよ!!

しかもかかった時間は1分以内

フォレスターを買いたい!あなたにピッタリの裏ワザを教えちゃいます!!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
今までなぜ、思いつかなかった、、、、

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

愛車の下取りが10万円ということはありませんでした。

これは見逃せば大損でした!!(汗)