評判どおり?フォレスターX-BREAK新型のタイヤと走りの関係が気になる

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

フォレスター値引き金額限界から、更に50万円安くなる裏ワザとは?
下取りは必ず一括査定サイトを使う
今までなぜ、思いつかなかった、、、、

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

愛車の下取りが10万円ということはありませんでした。
簡単1分でOK!これは見逃せば大損でした!!(汗)

新型フォレスターにはX-BREAKというグレードが設定されています。X-BREAKはアウトドア指向で、オールシーズン17インチタイヤを装着しており、走りも良いと評判です。そこで、このX-BREAKの走りが他のグレードとどのように違うのか、走りとタイヤにスポットを当ててまとめてみました。

<スポンサーリンク>

フォレスター新型X-BREAKの評判はキープコンセプト

フォレスターのX-BREAKというグレードは旧型にも設定されていましたが、新型でも設定されており評判も良いようです。このグレードはアウトドアが好きな人向けのグレードで撥水性のシートやトランクマットを標準装備しており、キープコンセプトということができます。

このため、サーフィンやスキーなどのアウトドアを楽しむ人に人気があります。新型のX-BREAKはさらにエクステリアにも特徴があります。ボディの下部にオレンジ色のラインが入っており、「一目でX-BREAKである」と認識できるようになっているのが特徴です。

ちなみに、フォレスターには9色のボディカラーが設定されており、X-BREAKを除く3グレードはこの中から選ぶことができます。一方、X-BREAKはこの中の4色から選ぶようになっています。スポーティなイメージの色のみ選択できるようになっているのが特徴といえます。

フォレスターX-BREAK新型の走りの良さはグレードの中でも屈指

フォレスターX-BREAK新型の走りの良さは、グレードの中でも際立っていると評判です。フォレスターはガソリンエンジンの最上級グレードのPremiumとハイブリッドのAdvanceは18インチタイヤを装着していますが、X-BREAKは17インチのオールシーズンタイヤを装着しています。

17インチは18インチに比べるとタイヤの厚みがありますので、乗り心地はよりソフトになります。しかし、フォレスターはプラットフォームが一新されており、ボディ剛性も大幅に向上していますので、乗り心地が損なわれることなくしっかりとした走りを楽しむことができます。

<スポンサーリンク>

フォレスターXBREAK走りの違いは17インチオールシーズンタイヤ

フォレスター新型X-BREAKは、225/60R17インチオールシーズンタイヤを装着しているのが特徴です。オールシーズンタイヤとは多少の雪道でも走行できるタイヤのことですが、このオールシーズンタイヤは通常のラジアルタイヤとほとんど変わらないドライビングフィールです。

さらに、オールシーズンタイヤでも車内に入ってくる音はほとんどかわりません。また、オールシーズンタイヤは、ラジアルタイヤよりも路面に接するトレッドが柔らかいという特徴があります。このためラジアルタイヤよりも乗り心地は若干ソフトになります。

フォレスターX-BREAKおすすめのタイヤは?

フォレスターX-BREAK新型に装着されているタイヤは、ブリヂストンのオールシーズンタイヤです。オールシーズンタイヤはそんなにたくさんの商品が販売されているわけではありません。

これ以外におすすめのオールシーズンタイヤはグッドイヤーの「Assurance WeatherReady」です。グッドイヤーはアメリカのタイヤメーカーですが、アメリカではオールシーズンタイヤは一般的で、ほとんどのクルマがオールシーズンタイヤを装着しています。このためグッドイヤーのオールシーズンタイヤは性能に定評があります。そのほかには、ピレリも同じサイズのオールシーズンタイヤを販売していますので、参考にしてみてください。

オールシーズンタイヤは多少の雪道も走行できるというメリットがあり、都会などに住んでいる人にはおすすめのタイヤです。都会では年に数回雪が積もる程度ですし、積もってもシャーベット状ですぐに溶けますので、この程度ならオールシーズンタイヤで十分です。

しかし、雪国ではオールシーズンタイヤは全く役に立ちませんし、圧雪路などをオールシーズンタイヤで走行すると危険です。このため雪国では早めにスタッドレスタイヤに交換する必要があります。

雪国住んでいるX-BREAKのオーナーは、オールシーズンタイヤがあまり必要ではないので、夏はラジアルタイヤを装着するという方法もあります。SUV用のラジアルタイヤはたくさん販売されていますので、好みのメーカーなどを選べば問題ないと思います。

<スポンサーリンク>

アウトドアをイメージさせるデザインの「X-BREAK」

フォレスターX-BREAK新型のデザインは他のグレードとは異なり、一目でX-BREAKと認識できます。X-BREAKにはボディの下部にオレンジ色のラインが入っており、リヤハッチも少しデザインが異なっています。

また他のグレードにはオプション設定のルーフレールが、X-BREAKには標準装備されています。そして、X-BREAKのアルミホイールはブラック塗装されており、他のグレードに比べるとスポーティなイメージを演出しています。

他のグレードは、X-BREAKにあるオレンジのラインもなく、アルミホイールもシルバーなので全体的に落ち着いたイメージです。そしてフォレスターには9色のボディカラーが設定されていますが、X-BREAKはその中から4色のみが選べるようになっています。

ホワイト、シルバー、ダークグレー、ブラックの4色が設定されていますが、それぞれ雰囲気が異なっています。どれもスポーティなイメージが演出されており、どのカラーを選んでも良さそうです。

他のグレードに設定されているのは、これらの4色の他、レッドやブルー、グリーン、ブロンズ系で都会的なイメージのカラーです。このようなカラーは都会の街並みにはとてもマッチしている印象があります。

フォレスターX-BREAK新型の人気カラーは黒系が似合う?

しかし、フォレスターX-BREAK新型で最も人気が出そうなカラーは黒系だと思われます。具体的には「クリスタルブラック・シリカ」という色で、ソリッドではなくパール系の塗装です。

このクリスタルブラック・シリカの場合、ボディの下部に入っているオレンジ色のラインがより強調されており、よりスポーティな印象になります。またホイールもブラックですのでクルマ全体がブラック調でまとめられ統一感が出ています。しかし、決して下品な印象はなく、きれいにまとめられています。

その一方、他のホワイト系やシルバー系、ダークグレー系も決してX-BREAKの雰囲気にマッチしていないということはありません。どれもオレンジのラインとブラックのアルミホイールときれいにマッチしています。

このX-BREAKは旧型にも設定されていましたが、中古車サイトを覗いてみると、X-BREAKはブラック系のボディカラーが人気です。他のボディカラーと比べてみると20万円くらい高値で取引されているものもあります。

フォレスターは全体的にブラック系が人気ですが、特にX-BREAKはこの傾向が強いので、特にボディカラーにこだわりがないという人はクリスタルブラック・シリカを選ぶのが無難だと思います。

フォレスターX-BREAK新型インテリア!どこが変わった

フォレスターX-BREAK新型の内装は他のグレードと異なっています。まず撥水性のシートを採用しています。これはアウトドアをするとシートが汚れますが、そうしたときにも水拭きできれいに掃除することができます。またトランクにも撥水性のマットが敷かれていますので、汚れている荷物を積むときにも安心です。

そのほかにX-BREAKのインテリアの特徴として、オレンジ色のステッチが入っていることが特徴です。シートやハンドル、ダッシュボードなど全体的にオレンジのステッチが入っています。

またエアコンの吹き出し口やシフトノブのあたりもオレンジ色になっており、エクステリアだけではなく、インテリアにもオレンジがたくさん使われているのが、X-BREAKの特徴であるといえます。

このインテリアのオレンジはもちろんX-BREAKのみですが、他のグレードとはずいぶん違う雰囲気になっています。他のグレードにはオレンジは使われていないので、落ち着いた雰囲気になっていますが、X-BREAKはスポーティで若々しい雰囲気を醸し出しています。

フォレスターの購入を考えておりどのグレードにするか迷っている人は、是非ともX-BREAKのインテリアを確認してみてください。少し好みが分かれるデザインですが、気に入る人もたくさんいると思います。

新型フォレスター値引き金額限界から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型フォレスターがほしい!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしいけど新車は本体けっこう高いっ…」
  • 「頭金も無いし…」
  • 「ボーナス払いも…なし…」
  • 「値引き交渉ってムリ…」
  • 「そもそも対人恐怖症」
  • 「ディーラーを幾つも回るのも…いや」
  • 「ディーラーってしつこいし…」
  • 「最安値じゃないと納得できない」

などなど、悩みは尽きませんでした…

だぁーれも教えてくれません、、、

家族に相談しても、
「今ので十分でしょ」
と相手にしてもらえませんし、、、、

下取りより買取!

この発想が無かった私、、、

他社からの乗り換えだから
と特別価格で下取りの
10万円でした。

値引き額の方は、この時点で
10万円値引いてもらっていました…

値引きの金額としてはいい方!
「しかし、も少し安くなれば月々の支払いは楽なのですが」
とは言えなかったのです。

さて、どうしようかと思った時に

でも!
ダメもとでやった方法救われたんです!

なんと!

次にディーラーに行くまでに
ある方法で…

40万円!

も安くなったのです!
40万円ですよ!!

しかもかかった時間は1分以内

フォレスターを買いたい!あなたにピッタリの裏ワザを教えちゃいます!!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
今までなぜ、思いつかなかった、、、、

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

愛車の下取りが10万円ということはありませんでした。

これは見逃せば大損でした!!(汗)