新型フォレスターハイブリッドとガソリンどっちがおすすめ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

フォレスター値引き金額限界から、更に50万円安くなる裏ワザとは?
下取りは必ず一括査定サイトを使う
今までなぜ、思いつかなかった、、、、

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

愛車の下取りが10万円ということはありませんでした。
簡単1分でOK!これは見逃せば大損でした!!(汗)

新型フォレスターハイブリッドとガソリンどっちがおすすめなのでしょうか?

2018年6月に発売の新型フォレスターはハイブリッドとガソリンが設定されていますので、どちらを購入するか迷う人も多いと思います。

そこでそれぞれの特徴や燃費について検討して、どちらがおすすめなのか考えてみたいと思います。

<スポンサーリンク>

新型フォレスターハイブリッドの特徴と燃費は

新型フォレスターハイブリッドは2Lガソリンエンジンにモーターが装着されていますがモーターの出力は10psとあまり大きくないマイルドハイブリッドと呼ばれるエンジンです。

例えばプリウスのモーターは72psですのでフォレスターとのその差は歴然です。

フォレスターハイブリッドは運転した印象はほぼガソリン車のフィーリングです。

ガソリン車が発進と加速時にモーターで加勢しているという感じが伝わってくる程度です。

そんなフォレスターハイブリッドの燃費ですが、JC08モード:18.6km/L、WLTCモード:14.0km/L(市街地モード:11.2km/L、郊外モード:14.2km/L、高速道路モード:16.0km/L)となっています。

例えばプリウスだとJC08モードで37.2km/L走れますので、これに比べると燃費が良いとはいえませんがこれがマイルドハイブリッドの特徴です。

マイルドハイブリッドは小さなモーターと容量の小さいバッテリーを装備しますので構造がシンプルで、車重も抑えられ価格もわずかにアップするだけですの本体価格が経済的といえます。

つまり、ハイブリッドカーの本体価格とマイルドハイブリッド(フォレスター)とを比較すると
燃費の差を埋めるまで本体の価格がハイブリッドカーのほうが安くは無いということです。

<スポンサーリンク>

新型フォレスターガソリンの特徴と燃費は

新型フォレスターのガソリンは2.5Lエンジンで、従来からレガシィに搭載されていましたが、これを直噴化するなどして燃費の向上を図っています。

フォレスターは初代から4代目まで伝統的にターボエンジンを搭載したグレードがありましたが、新型はこれが採用されなくなり、2.0Lから2.5Lに排気量が拡大されました。

そんな2.5Lエンジンの燃費ですが、JC08モード:14.6km/L、WLTCモード:13.2km/L(市街地モード:9.6km/L、郊外モード:14.6km/L、高速道路モード:16.4km/L)となっています。

水平対向エンジンは燃費が悪いとよく言われますが、この2.5LエンジンはCX-5の2.5L4WDモデルよりも若干低燃費なほどで、同じようなスペックのモデルに比べても決して燃費が悪いということはありません。

また旧型まで採用されていたターボエンジンに比べると非力なエンジンですが、日常的な使い方では全く問題なく必要十分な性能を備えています。

特に旧型で採用されていた2.0Lの自然吸気エンジンに比べると、かなりパワフルになり燃費も向上しているほどです。

<スポンサーリンク>

新型フォレスターハイブリッドとガソリンはどっちがおすすめ

新型フォレスターは廉価版の「Touring:260万円」、オールシーズンタイヤなどを装着した「X-BREAK:270万円」、ガソリンの上級グレード「Premium:280万円」、ハイブリッドの「Advance:287万円」(それぞれ税抜き)となっています。

本体価格差ではくAdvanceがオススメ

PremiumとAdvanceの価格差は7万円であまり変わりませんし、装備の差もほとんどありません。

一般的にハイブリッドは、燃費は良いけれど価格が高くなる傾向がありますが、フォレスターは珍しいモデルです。

価格差だけでいえば間違いなくAdvanceがオススメです。

燃費はガソリン車が有利になることも!

次に燃費ですが、WLTCモードで見てみると市街地モードではハイブリッドの方が低燃費ですが、郊外と高速道路ではほとんど変わりません。

これはハイブリッドカーの特徴で、ストップアンドゴーが多い市街地ではエンジンが停止している時間が長いので燃費が良くなる傾向があります。

しかしフォレスターの場合、郊外道路や高速道路ではハイブリッドよりガソリンの方が低燃費になります。

2.5Lエンジンの方がパワーもあり車重も軽いので速度域が上がると、ハイブリッドは燃費面で不利ということです。

このようなガソリンとハイブリッドの違いを考えると、市街地の走行が多い人は燃費面でハイブリッドの方がおすすめいえると思います。

一方、郊外へのドライブや、高速道路でロングドライブを楽しむことが多いという人はガソリンの方がおすすめです。

ガソリン車とハイブリッドモーターの走りの違い

ハイブリッドは発進時にモーターで加勢するので、ガソリンよりもパワフルに感じますし、市街地でのちょっとした加速にもスムーズに速度を上げてくれます。

一方、ガソリンの方は排気量が大きいので、山道での加速や高速道路での追い越しでも余裕があります。

新型フォレスター値引き金額限界から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型フォレスターがほしい!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしいけど新車は本体けっこう高いっ…」
  • 「頭金も無いし…」
  • 「ボーナス払いも…なし…」
  • 「値引き交渉ってムリ…」
  • 「そもそも対人恐怖症」
  • 「ディーラーを幾つも回るのも…いや」
  • 「ディーラーってしつこいし…」
  • 「最安値じゃないと納得できない」

などなど、悩みは尽きませんでした…

だぁーれも教えてくれません、、、

家族に相談しても、
「今ので十分でしょ」
と相手にしてもらえませんし、、、、

下取りより買取!

この発想が無かった私、、、

他社からの乗り換えだから
と特別価格で下取りの
10万円でした。

値引き額の方は、この時点で
10万円値引いてもらっていました…

値引きの金額としてはいい方!
「しかし、も少し安くなれば月々の支払いは楽なのですが」
とは言えなかったのです。

さて、どうしようかと思った時に

でも!
ダメもとでやった方法救われたんです!

なんと!

次にディーラーに行くまでに
ある方法で…

40万円!

も安くなったのです!
40万円ですよ!!

しかもかかった時間は1分以内

フォレスターを買いたい!あなたにピッタリの裏ワザを教えちゃいます!!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
今までなぜ、思いつかなかった、、、、

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

愛車の下取りが10万円ということはありませんでした。

これは見逃せば大損でした!!(汗)