SUBARUの新型フォレスターは雪道に強いのか?雪道走行SUVを比較

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

フォレスター値引き金額限界から、更に50万円安くなる裏ワザとは?
下取りは必ず一括査定サイトを使う
今までなぜ、思いつかなかった、、、、

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

愛車の下取りが10万円ということはありませんでした。
簡単1分でOK!これは見逃せば大損でした!!(汗)

冬というと車での外出にはスタッドレスタイヤ等の装備が大変、そこで雪道や悪路での走破性の高いSUV車が着目されるわけですが新型フォレスターを購入して雪道を走行したいと考えている人も多いと思いますが、今回はフォレスターの雪道性能について検討してみたいと思います。

またライバルモデルの雪道走行の性能についても考えてみたいと思います。

<スポンサーリンク>

冬の雪道クルマは大丈夫ですか?

冬の雪道を走行したことがないという人はたくさんいますが、スタッドレスタイヤを装着することで走ることができます。
しかし、2WD車は雪道があまり得意ではありませんし、4WD車でも車高の低いセダンやステーションワゴンなどでも深い雪道は苦手です。

一方、ランドクルーザーのような本格的なSUVは、深い雪道でも比較的楽に走行することができるといえます。

本格的なSUVは車高が高いので、新雪の状態でも走行することができますし、雪道を安全に走行できる性能を確保しているためです。

そしてフォレスターはこれらの中間くらいと考えれば問題ないと思います。
フォレスターのようなクロスオーバー型SUVは多少車高が高くなっていますので、ある程度の雪道の走行が可能です。

雪道に強いクルマは駆動は4WDで重量も関係あり?

雪道を走行するときに4WD車でも重量によって走行性能が異なるとよく言われますが、これは確かです。重いクルマは、クルマの重さで雪を押さえますので発進の時にスリップしにくいというメリットがあります。

しかし、重量が大きいとブレーキは効きにくいというデメリットもあります。またブレーキを作動させている時は2WDも4WDも関係ありません。このため雪道を走行していると4WD車が溝などにはまっている光景を頻繁に見かけます。

4WDで重量が大きいクルマは雪道を走行するという点で、メリットでもありますが、デメリットもあるということは覚えておいた方が良さそうです。

<スポンサーリンク>

新型フォレスターは雪道に強いのか?雪道走行の性能について徹底分析

画像)https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

新型フォレスターは、クロスオーバー型SUVの中でも雪道走行の性能は高いことは確かで、雪国などでは大変人気があります。理由は4WDの構造にあります。通常、クロスオーバー型SUVはパートタイム4WDを採用していますが、フォレスターはエンジンが縦置きですのでアクティブトルクスプリットAWDを採用しています。

新型フォレスター雪道性能は「シンメトリカルAWD」左右対称のバランス

画像)https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

後輪駆動車のエンジンは縦置き、前輪駆動車のエンジンは横置きというのが一般的ですが、新型フォレスターをはじめ、スバル車は前輪駆動ベースのクルマですがエンジンが縦置きとなっています。

スバルはこのエンジンレイアウトを「シンメトリカルAWD」と呼んでいます。

こうしたレイアウトを採用しているのはスバルとアウディだけですが、エンジンを縦置きにすると左右対称になりますので重量配分が均一になり、4輪にバランス良く駆動力が伝わるという特徴があります。これがシンメトリカルAWDの特徴で、雪道走行性能は前輪駆動ベースの4WDに比べて格段に良くなります。

新型フォレスター雪道性能「X-MODE」は濡れた路面で威力

画像)https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

新型フォレスターにはX-MODEという機能が設定されています。これには雪道や深雪の中を走行するモードがありますので、これを選択すると雪道走行がしやすくなります。本格的なSUVの多くはこうしたシステムを採用していますが、前輪駆動ベースの4WD車にはあまり採用されていないので、珍しい存在といえます。

X-MODEは通常はノーマルモードで走行しています。このモードでは乾いた路面を走行しているときには、ほとんど2WD状態で走行します。そして路面が濡れているときや山道を走行しているときは、後輪にも駆動力が伝わります。

画像)https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

4WDというと雪道や悪路で性能を発揮するというイメージがありますが、むしろ濡れた路面などで性能を発揮します。特に雨が降っている高速道路などを走行するとき、スバルのシンメトリカルAWDは絶大な安心感があります。

これがエクストレイルやハリアー、CX-5などのライバルとは異なる点です。雪道を走行する機会が多い人はもちろんですが、高速道路を走行する機会が多い人はフォレスターは大変おすすめのクルマだといえます。

それでは、フォレスターと他社のSUVの雪道や悪路での走りを評価してみたいと思います。

<スポンサーリンク>

【日産エクストレイル】人気SUVの雪道などの悪路走破性を評価

日産エクストレイルには4WDのみのフォレスターとは異なり2WDと4WDがあり、雪道走行をしない人は2WDを選ぶことができます。雪道や悪路に強い4WDは「インテリジェント4×4」というシステムを搭載しています。ちなみに4WDは2WDに比べて約20万円高となります。

エクストレイルのインテリジェント4×4は前後の駆動配分を前後50%ずつにする「LOCKモード」、クルマが判断して前輪100~50%、後輪0~50%に配分する「AUTOモード」、常に前輪100%の「2WDモード」をドライバーが選択することができます。

このため路面が乾いた一般道を走行するときは2WDモードを選択したり、路面が濡れていている高速道路などではAUTOモードを選択したり、雪道を走行するときはLOCKモードを選択したりすることができます。しかし、フォレスターのシンメトリカルAWDとは異なり横置きエンジンですので、雪道走行の性能はそんなに高いわけではありません。

圧雪された道を走行できる程度の雪道走行性能と考えるのが無難で、深雪の中を走行したりできるような性能はありません。しかし、スキーなどに行くときには十分威力を発揮すると思います。

【トヨタ ハリアー】人気SUVの雪道などの悪路走破性を評価

トヨタ・ハリアーにはガソリンとハイブリッドの2種類がありますが、ガソリンに採用されているのは「ダイナミックコントロール4WD」と呼ばれるシステムで、タイヤのスリップをセンサーが感知して、4輪の駆動力を調節するという一般的な4WDシステムです。

ハリアーの場合、エクストレイルのような切り替えスイッチはなく、常にエクストレイルのAUTOモードの状態と考えれば問題ないと思います。圧雪された道路を走行する程度ならこれで問題ありません。

ちなみにハリアーのガソリンエンジンには2WDも設定されており、4WDは約22万円高になります。雪道を走行しないので2WDで十分と考えている人も、もしもの時に備えて4WDを購入するのがおすすめです。

そしてハイブリッドに搭載されているのは「E-Four」と呼ばれるシステムです。これは後輪をモーターで駆動させるというもので、プリウスを始めトヨタの多くのハイブリッドカーで採用されています。

前輪駆動ベースの4WDの場合、プロペラシャフトが必要なので重量が増えるというデメリットがありますが、E-Fourだとモーターを設置するだけなので簡易的でコストがかからないというメリットがあります。ちなみに、ハイブリッドはE-Fourがすべてのグレードに標準装備されています。

また電気ですので、モーターはスリップを検知するとすぐに動き始めるというメリットがあります。このため雪道の走行性能はガソリンエンジンとほとんど変わりません。このようなモーターで駆動する4WDシステムは雪道に強くないと考えられていますが、決してそんなことはないと、最近は考えられています。

【マツダ CX-5】人気SUVの雪道などの悪路走破性を評価

マツダ・CX-5には2WDと4WDが設定されていますが、4WDシステムは「i-ACTIV AWD」と呼ばれるモノで、基本的にはエクストレイルやハリアーと同じです。切り替えスイッチもハリアー同様なく、乾いた道路では2WD状態で走行しています。そして、濡れた路面や雪道などタイヤのスリップをセンサーが感知すると、リアに駆動力が配分され、スリップを防ぎます。

ちなみに、エクストレイルやCX-5、ハリアーのような4WDシステムの弱点はタイヤがスリップしてからリアタイヤ駆動するという点です。タイムラグがありますので、悪路走破性は劣ります。このため本格的な悪路や、雪道の走行は難しいのが現状です。

この点、CX-5の場合多くのセンサーが走行状況を感知しているのが特徴です。アクセルペダルやブレーキの踏み具合、ステアリングの角度、ワイパーの動作状況、気温などなど・・・。これらの情報からコンピューターが路面の状況を感知していますので、よりきめ細やかな駆動力配分を可能にしているのが特徴で、従来からの弱点を克服しているといえます。

まとめ

いかがですか、雪道や悪路に対する各SUV車の特徴がわかったと思います。雪道の走行性の面では「シンメトリカルAWD」というエンジンレイアウトやX-MODEの走破性にフォレスターの優位性があるようですね。

特に雪道走行の多い地区の方には参考にしていただければと思います。

新型フォレスター値引き金額限界から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型フォレスターがほしい!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしいけど新車は本体けっこう高いっ…」
  • 「頭金も無いし…」
  • 「ボーナス払いも…なし…」
  • 「値引き交渉ってムリ…」
  • 「そもそも対人恐怖症」
  • 「ディーラーを幾つも回るのも…いや」
  • 「ディーラーってしつこいし…」
  • 「最安値じゃないと納得できない」

などなど、悩みは尽きませんでした…

だぁーれも教えてくれません、、、

家族に相談しても、
「今ので十分でしょ」
と相手にしてもらえませんし、、、、

下取りより買取!

この発想が無かった私、、、

他社からの乗り換えだから
と特別価格で下取りの
10万円でした。

値引き額の方は、この時点で
10万円値引いてもらっていました…

値引きの金額としてはいい方!
「しかし、も少し安くなれば月々の支払いは楽なのですが」
とは言えなかったのです。

さて、どうしようかと思った時に

でも!
ダメもとでやった方法救われたんです!

なんと!

次にディーラーに行くまでに
ある方法で…

40万円!

も安くなったのです!
40万円ですよ!!

しかもかかった時間は1分以内

フォレスターを買いたい!あなたにピッタリの裏ワザを教えちゃいます!!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
今までなぜ、思いつかなかった、、、、

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

愛車の下取りが10万円ということはありませんでした。

これは見逃せば大損でした!!(汗)