新型フォレスター標準装備アイサイトVer3性能と実力・中古車は?|アイサイトツーリングアシスト

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

フォレスター値引き金額限界から、更に50万円安くなる裏ワザとは?
下取りは必ず一括査定サイトを使う
今までなぜ、思いつかなかった、、、、

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

愛車の下取りが10万円ということはありませんでした。
簡単1分でOK!これは見逃せば大損でした!!(汗)

新型フォレスターアイサイトVer3の性能と実力について

スバルの誇る安全技術アイサイトツーリングアシストは
新型フォレスターに標準装備されています。

そこでこのアイサイトの歴史と性能、その実力について検討してみたいと思います。

また旧型のアイサイト(フォレスター中古車)と性能の違いがあるのかについてもまとめてみました。

<スポンサーリンク>

スバル・フォレスターアイサイトの歴史

昨今、進化の著しい運転支援技術ですが、スバルは1990年代から基礎研究を進めていました。

そして、アイサイトの開発はエマージェンシーブレーキを世に広めることとなりました。

そういった意味で、スバルの運転支援技術はアイサイトの名で信頼性の揺るぎない地位を確立しています。

スバルがアイサイトの搭載を本格的に始めたのは2009年に登場した5代目レガシィからですが、フォレスターに初めて搭載されたのは2012年に登場した4代目(旧型)からです。

この当時のアイサイトは「Ver2」と呼ばれており、プリクラッシュブレーキ、追従機能付きクルーズコントロール、AT誤発進抑制制御で構成されていました。

フロントガラスの上部に装着されている2つのカメラによって前方を監視して、車や歩行者などを認識するとアラームが鳴りブレーキ操作を促します。そして最終的に車が自動的にブレーキを作動させます。前方の車に追随しながら車間距離を一定に保って走行できるクルーズコントロールで、事故を防止します。

そして2015年の10月に行われたマイナーチェンジでアイサイトは「Ver3」へと進化しました。Ver3はVer2に加えて「アクティブレーンキープ」が追加されました。これはカメラが車線を認識して、車線から逸脱しそうになるとアラームが鳴ります。さらにパワーステアリングを制御して車線内を走るようにハンドルを操作してくれるというものです。5代目にもVer3が搭載されています。

<スポンサーリンク>

新型フォレスターアイサイトVer3の性能について

そして、ステレオカメラで前方方向の障害物を検知するアイサイトはVer3ではカラー画像化や検知範囲の拡大そして、ステアリングアシスト機能など、実用性の高い機能を標準化しています。

新型フォレスターに搭載されているアイサイトVer3の性能は、他のメーカーに比べて前方を認識する能力が高いということがいえます。多くのメーカーはミリ波レーダーとカメラを使用していますが、スバルはカメラを2つ使用しています。

このため人間の目のように前方を認識できます。

多くのメーカーがスバルのアイサイトと同じような機能を備えていますが、スバルは認識する性能が高いという特徴があります。このためカーブでも前方の車をしっかりキャッチして車線を一定に保ちながら、安全に走ってくれます。

<スポンサーリンク>

新型フォレスタにツーリングアシストは標準装備

 

更に、スバルはアイサイトを軸とした次世代の装備として新型フォレスターにドライバーの安全運転をサポートするドライバーモニタリング機能などの新しいアイテムも搭載しました。

ツーリングアシストは先行者追従機能などを強力な運転支援をもち現状では新型フォレスターアドバンスやレヴォーグなどの高級車を中心に装備されていますが、今後はより多くのモデルで搭載されていくと予想されています。

ドライバーの負担も軽減する最新技術も投入された新型フォレスターはスバルの看板技術であるアイサイトの最新仕様となりました。

アイサイトはバージョン3に前走車追従車線維持機能(ツーリングアシスト)も付加されました。アイサイトセーフティーにプラスとして後側方警戒支援システムや自動ハイビームを設定してあります。

これは新型フォレスターの全車種に標準搭載されています。

ツーリングアシストも標準装備

ツーリングアシストはアクセル・ブレーキ制御とステアリング制御で構成されています。

0km/h~120km/hまでの速度域で車速追従機能付きクルーズコントロールが作動しますので、一般道・高速道路両方で安全にドライブができます。

またステアリング制御では車線と先行車の両方を認識できますので、車線からの逸脱を防止するだけではなく無理な割り込みなどにも対応できます。

これらが両方機能することにより、運転負担が大幅に向上するのが特徴です。

また制御は機械っぽくなくとても自然なフィーリングで、運転の上手なドライバーが運転しているようなドライブフィールですので安心です。

このツーリングアシストはフォレスターにはオプションではなく標準装備されています。

ドライビングモニタリングシステムは、アドバンスのみに標準装備

そして、新型フォレスターで、新たに採用されるドライバーモニタリングシステムは専用カメラでドライバーの顔認知し、様々な走行支援を行う初採用の乗員認知システムとなります。

スバル車初となる。ドライバーモニタリングシステムの装着も新型フォレスターのトピックスといえます。

これはインパネ上部の情報表示パネル上部に設置された専用カメラによりドライバーをメインモニタリングすることで居眠りや脇見で安全な運転ができないと判断するとメーターや秘情報表示パネルで警告を発する機能を持っています。

この専用カメラはセンターディスプレイ上に配置されており、
夜間でも高い検知能力を持つ赤外線式のカメラでドライバーの状態を正確に監視することができます。

また、シートポジションやドアミラー角度などの設定を個別に保存できるメモリー機能も有しています。

ドライバーの脇見や居眠りを推定した注意を促すドライバーモニタリングシステムは、新型フォレスターの目玉ですが設定があるのはアドバンスのみです。

「アイサイトセイフティプラス」はTouringとX-BREAKにはオプション

さらに「アイサイトセイフティプラス」という機能があります。これは後方から車が近づいてきたときドアミラー付近にランプが点灯して知らせてくれる「スバルリアビークルディテクション」、前方の車を認識してハイビーム・ロービームの領域を変化させる「アダプティブドライビングビーム」の2種類で構成されています。こちらはPremiumとAdvanceには標準装備され、TouringとX-BREAKにはオプション設定されています。

中古フォレスター(3代目・4代目)のアイサイトについて

3代目フォレスターにはアイサイトは装着されていませんので、中古車を購入するときは注意が必要です。

また4代目にはMT以外にはアイサイトが装着されていますが、2015年10月に行われたマイナーチェンジ以前と以降では若干機能が異なります。
(※MT車にはアイサイトは装着することはできません)

マイナーチェンジ以前のアイサイトにはアクティブレーンキープが装備されていません。

このため車線を逸脱しそうになっても、車が元に戻ろうしてくれる機能はありません。一方、マイナーチェンジ以降はアクティブレーンキープが装備されています。

可能であればマイナーチェンジ以降の中古車を購入するのがおすすめです。

まとめ 新型フォレスターアイサイトVer3の性能と実力について

いかがでしたか?

スバルの安全技術アイサイトはドライバーの運転負荷を和らげて運転の支援をしてくれるシステムとして
ドライバーの役に立ちそうですね。

装置に頼り過ぎで安全を過信することはできませんが、やはりいざというときには頼りになる機能であることは間違いなさそうですね。

是非参考にしてみてください。

新型フォレスター値引き金額限界から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型フォレスターがほしい!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしいけど新車は本体けっこう高いっ…」
  • 「頭金も無いし…」
  • 「ボーナス払いも…なし…」
  • 「値引き交渉ってムリ…」
  • 「そもそも対人恐怖症」
  • 「ディーラーを幾つも回るのも…いや」
  • 「ディーラーってしつこいし…」
  • 「最安値じゃないと納得できない」

などなど、悩みは尽きませんでした…

だぁーれも教えてくれません、、、

家族に相談しても、
「今ので十分でしょ」
と相手にしてもらえませんし、、、、

下取りより買取!

この発想が無かった私、、、

他社からの乗り換えだから
と特別価格で下取りの
10万円でした。

値引き額の方は、この時点で
10万円値引いてもらっていました…

値引きの金額としてはいい方!
「しかし、も少し安くなれば月々の支払いは楽なのですが」
とは言えなかったのです。

さて、どうしようかと思った時に

でも!
ダメもとでやった方法救われたんです!

なんと!

次にディーラーに行くまでに
ある方法で…

40万円!

も安くなったのです!
40万円ですよ!!

しかもかかった時間は1分以内

フォレスターを買いたい!あなたにピッタリの裏ワザを教えちゃいます!!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
今までなぜ、思いつかなかった、、、、

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

愛車の下取りが10万円ということはありませんでした。

これは見逃せば大損でした!!(汗)