【スバル・フォレスター新型】VS【エクストレイル】比較 どっち

日産エクストレイル

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

フォレスター値引き金額限界から、更に50万円安くなる裏ワザとは?
下取りは必ず一括査定サイトを使う
今までなぜ、思いつかなかった、、、、

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

愛車の下取りが10万円ということはありませんでした。
簡単1分でOK!これは見逃せば大損でした!!(汗)

スバル・フォレスターのガチのライバル車としてあげられるのがニッサン・エクストレイルで、両車ともクロスオーバー型SUVとして知名度があり、ブランド力を確立しています。

さて、この2車種購入の場合は相見積もりとなるライバル同士ですが、どんな機能や特徴があるのでしょうか。

さて、どっちにしようと悩んでいる方に
スバル・フォレスターと日産エクストレイルのスペックや、4WD性能、ユーティリティ、価格などについて徹底的に比較してみたいと思います。

<スポンサーリンク>

【スバル・フォレスター新型】VS【日産エクストレイル】価格・大きさ・燃費を比較

フォレスターの価格は2.5Lグレードが260~280万円、ハイブリッドが287万円となっています。フォレスターには2.5Lに3グレード、ハイブリッドに1グレードが設定されており、シンプルなラインナップとなっています。

一方の日産エクストレイルには2.0Lのガソリンエンジンとハイブリッドが設定されており、それぞれの前輪駆動(FF)と4WDが用意されています。

ガソリンのFFグレードは約220~336万円、4WDグレードは約241~357万円です。またハイブリッドのFFグレードは約259~364万円、4WDは約280~385万円です。

4WDはFFに比べて20万円、ハイブリッドはガソリンに比べて約40万円高くなっています。

フォレスターはガソリンとハイブリッドの価格差が、わずか7万円という極めてお得感がありまた値段面もリーズナブルな価格設定がされてるように思えます。

大きさ

次に大きさですが、フォレスターの全長×全幅×全高は4625mm×1815×1715です。

フォレスターの新型は従来型よりも全長で15mm 全幅で20mm大きくなり、高さは5mm低くなっています。

一方、エクストレイルの全長×全幅×全高は4690mm×1820×1740となっており、エクストレイルの方が若干大きくなっていますが、ほとんど変わらないといっていいでしょう。

なので、車庫入れや狭い道での離合など運転性も同じだと思っていいと思います。

燃費 【スバル・フォレスター】VS【日産エクストレイル】

またそれぞれの燃費ですが、フォレスターの2.5LはJC08モードで14.6km/L、ハイブリッドで18.6km/Lです。

フォレスターのハイブリッド車には2.0リットル水平対向4気筒(FB20型)+モーターのe-BOXERを搭載しています.
スペック値数値は先代XVハイブリッドと同等ですが、制御系を新かさついていることがあります。

一方のエクストレイルですが、ガソリンはFFで16.4km/L、4WDで16.0km/Lです。ハイブリッドはFFで20.8km/L、4WDで20.0km/Lとなっています。

全体的にエクストレイルの方が低燃費であるといえます。

フォレスターVSエクストレイルの燃費を比較してみるとこと燃費に関してはエクストレイルの方が優秀ということが分かります。

<スポンサーリンク>

【スバル・フォレスター】VS【日産エクストレイル】アイサイトVSプロパイロットを比較

画像)https://autoc-one.jp/nissan/x-trail/newmodel-1518702/

スバルの誇るフォレスターのアイサイトは2つのカメラで前方を監視していますが、エクストレイルのプロパイロットは1つです。

両者を比較してみると明らかにアイサイトの方が優れた性能を持っているといえます。

また、アイサイトには10年の歴史があり、常に進化を続けており世界の自動車メーカーの最先端を走っていますが、プロパイトットはまだ歴史が浅く技術的にも若干遅れているといえます。

<スポンサーリンク>

【スバル・フォレスター】VS【日産エクストレイル】荷室容量・ユーティリティを比較

荷室容量の比較も気になるところですね。

フォレスターの荷室容量は520L(Advanceは509L)、荷室高は884mmとなっています。

一方、日産エクストレイルの荷室容量は565L、荷室高は845mmとなっています。

比較してみるとエクストレイルの若干荷室容量が大きいですが、ボディサイズもエクストレイルの方が若干大きいので、当然といえます。

またエクストレイルには3列シートのグレードが用意されていますが、これを折りたたむと445Lの荷室が確保されます。

フォレスターもエクストレイルもシートを折りたたむことができますのでユーティリティはしっかり確保されています。

【スバル・フォレスター】VS【日産エクストレイル】X-MODE インテリジェント4×4オフロード性能比較

フォレスターのすべてのグレードに搭載されているX-MODEは4輪の駆動力やブレーキを最適に保つモードで、「SNOW・DIRT」モードと「DEEP SNOW・MUD」モードを選択できます。

ぬかるみなどにはまってしまったとき、このモードを使うと上手に抜け出すことができます。また「ヒルディセントコントロール」モードがあり、悪路を下るときに車が自動的にブレーキを作動させてくれますので、ドライバーはハンドル操作に集中できます。

一方、日産エクストレイルのインテリジェント4×4は、走行状況によって駆動力を最適に配分するシステムです。通常はほぼ前輪駆動で走行して、滑り始めるとリアに駆動力を配分するなどしますので安全に走行できます。

またエクストレイルにもフォレスターと同じような「アドバンスドヒルヒルディセントコントロール」と呼ばれるシステムが装備されています。

フォレスターはすべてのグレードが4WDですが、エクストレイルはFFも設定されています。

エクストレイルのFFはこうしたシステムは装着されていませんので、これらを比較するとフォレスターの方が安全に気を遣っていると思います。

しかし、エクストレイルの4WD車には、電子制御式のインテリジェンス4X4が採用されるなど泥道や雪道などの走破性は申し分なしです。

オンロードとオフロードのバランスの良さはフォレスターと同等だと考えられます。

日産エクストレイルの値引き相場

日産エクストレイルの値引き相場ですが大盤振る舞い中であると言えます。

いきなり200,000円台の値引きを出してくることも多い車種です。

付属品たっぷりつけると値引きの合計額が300,000円を超えることもあり、値引き目標は350,000円とすることも可能。

また400,000円オーバーの例も目立つ車種です。

これに対して新型が出たばかりのフォレスターの値引きはあまり期待することはできませんので
エクストレイルとの標準価格の価格差を考えた場合、相見積もりの値段はいい勝負になるでしょう。

エクストレイルの納車納期は約1ヵ月から3ヶ月です。

まとめ

日産のエクストレイルはフォレスターとキャラクターがかなり近くガチのライバルはこのモデルだと言えます。

アウトドア適性の高さやハイブリッド車が選べるグレード体系、強力な運転支援の機能を選べるなど、フォレスターのキャラクターと限りなく近いのが日産のエクストレイルです。

この2車種はガチ競合として値引き等にも使えますので是非、相見積もりをとってみることをおすすめします。

新型フォレスター値引き金額限界から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型フォレスターがほしい!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしいけど新車は本体けっこう高いっ…」
  • 「頭金も無いし…」
  • 「ボーナス払いも…なし…」
  • 「値引き交渉ってムリ…」
  • 「そもそも対人恐怖症」
  • 「ディーラーを幾つも回るのも…いや」
  • 「ディーラーってしつこいし…」
  • 「最安値じゃないと納得できない」

などなど、悩みは尽きませんでした…

だぁーれも教えてくれません、、、

家族に相談しても、
「今ので十分でしょ」
と相手にしてもらえませんし、、、、

下取りより買取!

この発想が無かった私、、、

他社からの乗り換えだから
と特別価格で下取りの
10万円でした。

値引き額の方は、この時点で
10万円値引いてもらっていました…

値引きの金額としてはいい方!
「しかし、も少し安くなれば月々の支払いは楽なのですが」
とは言えなかったのです。

さて、どうしようかと思った時に

でも!
ダメもとでやった方法救われたんです!

なんと!

次にディーラーに行くまでに
ある方法で…

40万円!

も安くなったのです!
40万円ですよ!!

しかもかかった時間は1分以内

フォレスターを買いたい!あなたにピッタリの裏ワザを教えちゃいます!!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
今までなぜ、思いつかなかった、、、、

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

愛車の下取りが10万円ということはありませんでした。

これは見逃せば大損でした!!(汗)