【スバル・フォレスター】VS【三菱・アウトランダー】比較どっち

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

フォレスター値引き金額限界から、更に50万円安くなる裏ワザとは?
下取りは必ず一括査定サイトを使う
今までなぜ、思いつかなかった、、、、

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

愛車の下取りが10万円ということはありませんでした。
簡単1分でOK!これは見逃せば大損でした!!(汗)

スバル・フォレスターのライバルに三菱・アウトランダーがあります。SUV車としてアウトランダーと価格や燃費、安全性能、荷室の容量、4WDの悪路走破性能などについて比較して購入する人も多いと思います。

そこでフォレスターVSアウトランダーをガチで両者を比較検討してみたいと思います。

<スポンサーリンク>

【スバル・フォレスター】VS【三菱・アウトランダー】価格・大きさ・燃費を比較

フォレスター2.5Lガソリンには3グレード設定されており価格は260~280万円、ハイブリッド1グレードで287万円です。一方、アウトランダーの価格は前輪駆動(FF)が2.0Lで約267~309万円、4WDが2.4Lで約295~336万円となっています。4WDはFFに比べて30万円弱高くなっています。

ということでこの両者ですが価格的にもちょうど競合する範囲となっていますが、フォレスターの方が低く設定されています。

またボディサイズですが、フォレスターの全長×全幅×全高は4625mm×1815×1715、アウトランダーの全長×全幅×全高は4695mm×1810×1710となっています。全長はアウトランダーの法が7cm長く、他はほぼ同じです。

そして燃費ですが、JC08モードで計測してフォレスター2.5Lは14.6km/L、ハイブリッドは18.6km/Lとなっています。一方、アウトランダーは2.0L(FF)が16.0km/L、2.4L(4WD)が14.6kmとなっています。比較してみるとハイブリッドはやはりガソリンエンジンに比べて燃費が良いことがわかります。

画像)https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E4%B8%89%E8%8F%B1%EF%BD%A5%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC&ei=UTF-8&fr=mozff#mode%3Ddetail%26index%3D7%26st%3D144

まとめると

価格 

  • フォレスター  260万円~280万円 ハイブリッド287万円
  • アウトランダー 267万円~336万円

ボディサイズ

アウトランダーが全長で70mm長い

燃費 JC08モード

  • フォレスター   2.5Lは14.6km/L ハイブリッド18.6km/L
  • アウトランダー  2.0L(FF)16.0km/L 2.4L(4WD)が14.6km
<スポンサーリンク>

【スバル・フォレスター】VS【三菱・アウトランダー】アイサイトVS e-Assistを比較

次にフォレスターとアウトランダーの安全機能について比較してみると、スバルにはアイサイト、そして三菱自動車には e-Assistという安全機能があります。

スバルのアイサイトは2つのカメラで前方を監視して、アクセルとブレーキを制御する全車速追従機能付きクルーズコントロールと、車線をカメラで読み取り逸脱しそうになるとアラームで知らせるシステムから構成されています。

一方、三菱・アウトランダーに装着されているe-Assistはスバルとは異なります。ミリ波レーダーとカメラで前方を監視しており、これらは追従機能付きクルーズコントロールと車線逸脱防止装置を構成しています。このミリ波レーダーとカメラという組み合わせを採用しているメーカーが圧倒的に多く、世界標準ということができます。

比較してみると構成されているシステムは両車同じですが、スバルのアイサイトには10年の歴史があります。このためシステムとしてはスバルのアイサイトの方がより成熟していることは間違いありません。

<スポンサーリンク>

【スバル・フォレスター】VS【三菱・アウトランダー】荷室容量・ユーティリティ性能を比較

フォレスターの荷室容量は520L(Advanceは509L)で、荷室高は884mmとなっています。一方、アウトランダーは502L、荷室高は865mmとなっており、比較してみると両車ともほぼ同じといえます。もちろんシートは降りたためてフルフラットにすることができます。

5人乗りのフィレスタートと7人乗りのアウトランダー

またアウトランダーにはすべてのグレードに3列シートが装着されていますので、7人乗ることができます。しかし、この3列目シートはあくまでも非常用であまり広いとはいえません。一方、フォレスターにはすべてのグレードが5人乗りですので、この点はアウトランダーに劣っているといえます。

【スバル・フォレスター】VS【三菱・アウトランダー】X-MODE S-AWCの性能比較

SUVとして雪道やぬかるみ、山路などのオフロードでの性能面をサポートする機能としてフォレスターはX-MODEをアウトランダーはS-AWCという機能を持っています。

フォレスターに搭載されているX-MODEは雪道やぬかるみ、砂利道などで安全に走行できるようなシステムです。4輪の駆動力をコンピューターが最適化し、タイヤが埋まってしまうような場面でも走破することができます。また「ヒルディセントコントロール」というシステムが装備されています。これはブレーキ操作をコンピューターが制御しますので、安全に下り坂を下れます。

一方、アウトランダーのS-AWCもX-MODEと同じようなシステムで、雪道やぬかるみなどの路面状況に合わせて駆動力を最適化してくれます。モードは4つあり、通常走行、エコモード、雪道モードロックモードと切り替えが可能です。

標準装備のフォレスターがオプション設定のアウトランダーと比較すれば価格面で割安感

このように両車を比較してみると同じようなシステムを搭載していますが、フォレスターはX-MODEをすべてのグレードに標準装備しているのに対して、アウトランダーはすべてオプション設定となっています。

フォレスターはエンジンが縦置き、アウトランダーは横置きです。4WDのシステムも両車で異なりますが、性能的にはフォレスターの方が優れているといえます。しかし、本格的なオフロードを走行するという人はほとんどいないと思われますので、特に問題はないと思われます。

フォレスターの4WDシステムは優れた走行性能を持っていますので、高速道路などでは大変安定した走りを楽しめます。長時間運転しても疲れず安全運転につながりますので、長距離ドライブが多い人はフォレスターの方がおすすめです。またフォレスターは価格の割には装備が充実しており、アウトランダーなど他のモデルと比較しても割安ということがいえると思います。

新型フォレスター値引き金額限界から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型フォレスターがほしい!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしいけど新車は本体けっこう高いっ…」
  • 「頭金も無いし…」
  • 「ボーナス払いも…なし…」
  • 「値引き交渉ってムリ…」
  • 「そもそも対人恐怖症」
  • 「ディーラーを幾つも回るのも…いや」
  • 「ディーラーってしつこいし…」
  • 「最安値じゃないと納得できない」

などなど、悩みは尽きませんでした…

だぁーれも教えてくれません、、、

家族に相談しても、
「今ので十分でしょ」
と相手にしてもらえませんし、、、、

下取りより買取!

この発想が無かった私、、、

他社からの乗り換えだから
と特別価格で下取りの
10万円でした。

値引き額の方は、この時点で
10万円値引いてもらっていました…

値引きの金額としてはいい方!
「しかし、も少し安くなれば月々の支払いは楽なのですが」
とは言えなかったのです。

さて、どうしようかと思った時に

でも!
ダメもとでやった方法救われたんです!

なんと!

次にディーラーに行くまでに
ある方法で…

40万円!

も安くなったのです!
40万円ですよ!!

しかもかかった時間は1分以内

フォレスターを買いたい!あなたにピッタリの裏ワザを教えちゃいます!!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
今までなぜ、思いつかなかった、、、、

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

愛車の下取りが10万円ということはありませんでした。

これは見逃せば大損でした!!(汗)