スバル・フォレスター新型2.5リッターNA実燃費は?気になる燃費を徹底検証

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

フォレスター値引き金額限界から、更に50万円安くなる裏ワザとは?
下取りは必ず一括査定サイトを使う
今までなぜ、思いつかなかった、、、、

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

愛車の下取りが10万円ということはありませんでした。
簡単1分でOK!これは見逃せば大損でした!!(汗)

スバルフォレスター新型2.5リッターNAの実燃費はどれくらいなのか?

気になる燃費を徹底検証!

スバルフォレスター新型(2018)は排気量が拡大され、2.5リッターNAエンジンが搭載されています。

燃費も旧型に比べると改善されましたが、実燃費はどのくらいなのか検討してみたいと思います。

<スポンサーリンク>

スバルフォレスター新型2018 2.5リッターNAのスペック

ハードウェアで注目すべきはエンジンです。

ガソリン車のエンジンは184ps/24.4kg mを発揮する2.5リットル水平対向4気筒(FB25型)直噴化に加えて90%の部品が新設計された最新仕様が搭載されています。

また、マイルドハイブリッド車は2.0リットル水平対向4気筒(FB20型)+モーターのe-Boxerシステムを搭載。

スペック数値は先代XVハイブリッドと同等ですが制御系を進化させることが特徴です。

2.5リッターNAのスペック

新型フォレスターの2.5リッターNAエンジンは

  • 最大出力:184PS(5800rpm)
  • 最大トルク:24.4kgf・m(4400rpm)

となっています。

トランスミッションはCVTが組み合わされており、車重は1530kgですのでとても速いというわけではありませんが、パワー不足を感じることはなくストレスなく運転できます。

旧型のNAエンジンは2.0L

また旧型のNAエンジンは2.0Lでしたが、こちらは最大出力:148PS(6200rpm)、最大トルク:20.0kgf・m(4200rpm)となっており、出力、トルクともパワーアップしていることが分かります。

ちなみに4代目にはCVTのほか、6速MTを搭載したグレードも設定されていました。

スバル特有の水平対向エンジン搭載

スバル車は水平対向エンジンを搭載しているのが特徴です

水平対向エンジンと4WDをハードウェアの特徴とするスバルにとって今や欠かせない柱となっているのがSUV車のフォレスター。

このエンジンは重心を低くすることができ振動も抑えることができますので、快適なドライブを楽しめるのが特徴です。

従来、水平対向エンジンは燃費が悪いと言われていましたが、フォレスターは直噴化され燃費も大幅に向上しています。

<スポンサーリンク>

フォレスター新型2.5リッターNA 排気量アップの実燃費はどうなる?

新型フォレスター2.5リッターNAの燃費はJC08モード:14.6km/L、WLTCモード:13.2km/L、市街地モード:9.6km/L、郊外モード:14.6km/L、高速道路モード:16.4km/Lとなっています。

最近は従来採用されていたJC08モードに変わって、WLTCモードが採用されるようになってきました。

こちらの方がより実燃費に近い数値が出る傾向があります。

新型は燃費が悪化?

旧型の2.0リッターNAエンジンはJC08モード:16.0km/Lでしたので、新型は一見すると旧型に比べて燃費が悪くなっているように感じます。

しかしJC08モードは実燃費に置き換えると悪くなるという傾向があり、より実燃費に近い最近はWLTCモードが採用されるようになってきました。

WLTCモードはモード毎の燃費を計測していますので、より実燃費に近い数値が出る傾向があります。

新型はやはり低燃費を実現

そこで両車を比べてみると、実は2.5Lの方が低燃費のようです。

2.5Lの実燃費はほぼWLTCモードと同じか、むしろ良いこともあります。

市街地でも車が比較的少ない地方の方だと10.0km/L以上、高速道路でも17.0km/L以上走行することも可能です。

一方、旧型の4代目の方は市街地では10.0km/Lくらいで新型とほぼ同じですが、郊外や高速道路では燃費は悪くなり、郊外道路で13.0km/L前後、高速道路で16.0km/L前後です。

これを見ると、新型2.5Lはパワーアップしたにもかかわらず、特に郊外や高速道路では燃費は改善していることが分かります。

ここも新型フォレスターのおすすめのポイントですね。

<スポンサーリンク>

フォレスター新型2018の2.5リッターNA 実燃費の評価と評判は?

新型フォレスターの2.5リッターNAエンジンの燃費は、旧型よりも良くなったと評価されており、評判は上々です。

旧型の2.0リッターNAエンジンに比べると、パワーは増しましたが燃費はむしろ向上しましたので、雑誌やインターネットメディアでも好意的に捉えられています。

新型フォレスターがターボエンジンを見送った理由は

新型フォレスターは、従来までラインナップしていたターボエンジンの採用を見送りました。

理由はターボエンジン需要の低下です。

環境問題の台頭する中やはりエコ・低燃費のニーズは強まるばかりでしす。

このためフォレスターのターボエンジンのファンは寂しく思っていると言われていますが、近年の低燃費指向の影響からターボエンジンの販売台数は落ち込んでいました。

そして、その結果、5代目ではターボエンジンを廃止して、2.0リッターを2.5に拡大して余裕のある走りを実現したと言われています。

2.0リッターのNAエンジンは発進時に多少パワー不足感じると評価されていましたので、今までのターボエンジンのオーナーも満足できるように開発されているようです。

加速性能アップと車内音も静かになった新型フォレスター

また、新型フォレスターはプラットフォームが一新されているため、車内音も静かになりました。

このため一定の速度で走行しているときはもちろん、アクセルをグッと踏み込んで加速するときも比較的静かでゆったりとドライブを楽しめるようになったと評判は上々です。

フォレスターはマツダ・CX-5やトヨタ・ハリアーなどライバルが比較的多いモデルですが、これらに比べても燃費面では十分に対抗でき、静かな乗り心地を実現していると評価されています。

まとめ

いかがですか、新型フォレスターはターボエンジン搭載がなくなり熱狂的なターボファンを失ったかに見えますが、2.5Lのガソリンエンジンはパワフルで低燃費を実現、また2.0Lのハイブリッドも加速性が重視されたモデルとして十分走りを堪能することができるモデルとなっています。

また、走りに加えて静かさにも注意が向けられた新型フォレスターは今までよりワングレード上の性能を実現させたモデルとなっています。

新型フォレスター値引き金額限界から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型フォレスターがほしい!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしいけど新車は本体けっこう高いっ…」
  • 「頭金も無いし…」
  • 「ボーナス払いも…なし…」
  • 「値引き交渉ってムリ…」
  • 「そもそも対人恐怖症」
  • 「ディーラーを幾つも回るのも…いや」
  • 「ディーラーってしつこいし…」
  • 「最安値じゃないと納得できない」

などなど、悩みは尽きませんでした…

だぁーれも教えてくれません、、、

家族に相談しても、
「今ので十分でしょ」
と相手にしてもらえませんし、、、、

下取りより買取!

この発想が無かった私、、、

他社からの乗り換えだから
と特別価格で下取りの
10万円でした。

値引き額の方は、この時点で
10万円値引いてもらっていました…

値引きの金額としてはいい方!
「しかし、も少し安くなれば月々の支払いは楽なのですが」
とは言えなかったのです。

さて、どうしようかと思った時に

でも!
ダメもとでやった方法救われたんです!

なんと!

次にディーラーに行くまでに
ある方法で…

40万円!

も安くなったのです!
40万円ですよ!!

しかもかかった時間は1分以内

フォレスターを買いたい!あなたにピッタリの裏ワザを教えちゃいます!!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
今までなぜ、思いつかなかった、、、、

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

愛車の下取りが10万円ということはありませんでした。

これは見逃せば大損でした!!(汗)