新型フォレスターハイブリッド価格!Advance2.0Lのe-BOXER最新情報

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

フォレスター値引き金額限界から、更に50万円安くなる裏ワザとは?
下取りは必ず一括査定サイトを使う
今までなぜ、思いつかなかった、、、、

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

愛車の下取りが10万円ということはありませんでした。
簡単1分でOK!これは見逃せば大損でした!!(汗)

2018年に登場した、スバル・新型フォレスターには2.0L自然吸気エンジンにモーターを組み合わせたパワートレーン「e-BOXER」を搭載したハイブリッドカーが設定されました。

ハイブリッドの「e-BOXER」はフォレスター新型の
最高級グレードのAdvanceというグレードが追加されました。

e-boxerはフォレスターの中心的なパワートレーンになるのでしょうか。

「e-BOXER」を搭載した新型フォレスターハイブリッドAdvanceの価格や燃費など最新情報についてまとめてみました。

<スポンサーリンク>

新型フォレスターハイブリッド2.0L「e-BOXER」とは

画像)https://www.subaru.jp/comparison/

今回のモデルチェンジで追加されたフォレスターのハイブリッドグレード「Advance」はマイルドハイブリッドと呼ばれるタイプです。

ハイブリッドカーは発進時や加速時にモーターで加勢するタイプです。

「Advance」のパワートレーン「e-BOXER」に搭載されているバッテリーの容量は小さく、モーターのパワーも控えめなのが特徴です。

Advanceのパワートレーンとして搭載されている「e-BOXER」の2.0L自然吸気エンジンはガソリングレードに搭載されている2.5L自然吸気エンジンに比べると明らかに非力です。

しかし、「e-BOXER」は発進時はモーターの加勢もありパワー不足は全く感じさせることなくスムーズに加速するのが特徴です。

このあたりはハイブリッドタイプの導入が成功したようです。

また高速道路の合流や追い越しの時など、アクセルをグッと踏み込んで加速するときもモーターが加勢しますので、2.0Lでも加速性が非常に高くとても快適なドライブが楽しめます。

Advanceの試乗などでは
アクセルや加速の“快適性がかなり違う”ことを実感すると思います。

とくにドライバーよりも隣に乗っている同乗者はその快適性がよく伝わってくると思います。

そして、一定の速度で走行しているときにはモーターは動くことなくエンジンのみで走行します。

なので、好みの問題になりますが、いかにもハイブリッドらしい走行感覚が好きでない方には走行フィーリングがガソリン車に似た「e-BOXER」の評価は高いと思われます。

SUBARU(スバル)は「e-BOXER」のことを“モーターアシスト”と呼び
トヨタなどが提供するハイブリッドカーとは一線を引く戦略があるようです。

市街地で燃費が良いAdvance

 

フォレスターAdvanceのハイブリッドは、ガソリングレードに比べて市街地走行で燃費が良くなるという傾向があります。

ハイブリッドカーの仕組みはアクセルペダルを放すと回生ブレーキでバッテリーを充電しします。

そして発進時にそのバッテリーでモーターを動かしてエンジンの負荷を減らしているからです。

なのでストップ&ゴーが多い市街地では燃費が良くなります。

<スポンサーリンク>

新型フォレスターハイブリッドの価格について

新型フォレスターAdvance ホライゾンブルー・パール画像)https://www.subaru.jp/comparison/

この、「e-BOXER」を搭載した
新型フォレスターハイブリッドの「Advance」の価格は287万円(税抜き)となっています。

ちなみに新型フォレスターのガソリンモデルには3グレードあります。

ベーシックな「Touring(260万円)」
オールシーズンタイヤなどを装備したアクティブ仕様の「X-BREAK(270万円)」、
豪華仕様の「Premium(280万円)」となっています。

新型フォレスターハイブリッド価格「Advance」は割安価格設定

新型フォレスターAdvance セピアブロンズ・メタリック画像)https://www.subaru.jp/comparison/

一般的にガソリンとハイブリッド両方のグレードが設定されているモデルだと、ハイブリッドグレードは大幅に値段が高くなります。

例えばトヨタ・C-HRの場合、ハイブリッドはガソリンに比べて30万円くらい高値ですし、トヨタ・ハリアーだと50万円くらい価格が上がります。

しかし、スバルのフォレスターの場合、ガソリンのPremiumに比べてハイブリッドのAdvanceは7万円高に抑えられているのが最大の特徴です。

マイルドハイブリッドはトヨタのハイブリッドに比べると構造がシンプルで、あまりコストがかからないという違いはありますが、これを考慮しても「Advance」はの価格設定は比較的割安だと思います。

しかし、注意点もあります。

AdvanceとPremiumの装備の差はほとんどありません。

しかし、パワー的にはやはりハイブリッドの2.0Lは2.5Lエンジンに比べると若干非力で、高速道路を走行する機会が多い人は2.0Lにては若干のパワー不足を感じるかもしれません。

<スポンサーリンク>

新型フォレスターハイブリッドAdvance2.0L e-BOXERの燃費に関して

 

新型フォレスターハイブリッドの燃費を実際の路面を考慮したWLTCモーで比べてみると

  • e-BOXER(ハイブリッド)WLTCモード平均14.0km/L、市街地11.2、郊外14.2、高速道路16.0
  • 2.5L(ガソリン)    WLTCモード平均13.2km/L、市街地9.6、 郊外14.6 高速道路16.4

となっています。(以前はJC08モードが採用されていましたが、最近はより実燃費に近いWLTCモードが採用されています。)

ハイブリッドはガソリンに比べると市街地で低燃費ですが、郊外道路と高速道路では両車ほとんど同じか、むしろ2.5Lの方が低燃費の傾向があります。

ストップアンドゴーが多い市街地で燃費が良くなるのはハイブリッドカーの特徴といえます。

車は発進時に燃料をたくさん消費しますが、ハイブリッドは発進時にモーターで加速しますのでエンジンの負担が減り、その結果ガソリンの消費を減らし低燃費になります。

実燃費とWLTCモードの乖離はあまりありませんので、e-BOXERで普通に走行すると市街地でも11km/L前後走行できますが、これはそれなりに優秀な燃費であるといえます。

特に、水平対向エンジンは燃費があまり良くないと言われていますので、従来のスバルのモデルに比べると低燃費です。

しかし、郊外のスピードが出せる広い道や高速道路ではエンジンパワーに余裕がある2.5L方が有利であることがわかります。

市街地の走行が多いユーザーはハイブリッドの「Advance」の方がおすすめだと思いますが、高速道路を走行して遠出する機会が多い人はガソリンエンジンの方が燃費的には有利であるといえると思います。

【新型 フォレスター ハイブリッド 価格】

新型フォレスター値引き金額限界から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型フォレスターがほしい!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしいけど新車は本体けっこう高いっ…」
  • 「頭金も無いし…」
  • 「ボーナス払いも…なし…」
  • 「値引き交渉ってムリ…」
  • 「そもそも対人恐怖症」
  • 「ディーラーを幾つも回るのも…いや」
  • 「ディーラーってしつこいし…」
  • 「最安値じゃないと納得できない」

などなど、悩みは尽きませんでした…

だぁーれも教えてくれません、、、

家族に相談しても、
「今ので十分でしょ」
と相手にしてもらえませんし、、、、

下取りより買取!

この発想が無かった私、、、

他社からの乗り換えだから
と特別価格で下取りの
10万円でした。

値引き額の方は、この時点で
10万円値引いてもらっていました…

値引きの金額としてはいい方!
「しかし、も少し安くなれば月々の支払いは楽なのですが」
とは言えなかったのです。

さて、どうしようかと思った時に

でも!
ダメもとでやった方法救われたんです!

なんと!

次にディーラーに行くまでに
ある方法で…

40万円!

も安くなったのです!
40万円ですよ!!

しかもかかった時間は1分以内

フォレスターを買いたい!あなたにピッタリの裏ワザを教えちゃいます!!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
今までなぜ、思いつかなかった、、、、

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

愛車の下取りが10万円ということはありませんでした。

これは見逃せば大損でした!!(汗)